★ 99/03のトピックス


今月のトピックスに戻る

M:TG Topに戻る

Topに戻る


・5月に6thのリミテッド戦をするならば?(99/03/30)
・3/28、安芸大会速報(99/03/28)

・3/28、丸亀大会速報(99/03/28)

・3/27のFB高知トーナメント結果(99/03/28)

・Pit様奮戦記。(99/03/24)

・FB高知でMTG以外のトレカゲームが流行中。(99/03/24)

・怪しい6th情報。円盤が消えて、Thawing Glaciersが帰ってくる!?(99/03/23)

・5月の高知大会の日程変更(99/03/23)

・3/21のFB高知でのトーナメント結果(99/03/22)

・噂の
Second Chanceにエラッタ発表。(99/03/19)

・日本選手権の参加応募葉書配布中(99/03/19)

・Worshipでのダメな使い方(99/03/19)
・3/28の徳島大会は非公認に(99/03/19)
・3月&4月の今治大会で変更事項(99/03/15)

・3/13、FB高知ナイトトーナメント結果(99/03/14)

・またまた禁止カード発表(99/03/13)

・3/7のFB高知トーナメントは芝藤俊輔が優勝!(99/03/08)

・セカンドチャンスにエラッタか?(99/03/08)

・第6版に再録か!?(99/03/07)

・第6版ルールブック発見(99/03/07)

・寝耳に水のDCIジャパン(99/03/02)

・巨大鯨などのエラッタ発動(99/03/02)

・スタンダード以外の禁止カードなどの変更(99/03/02)

・WotCの禁止カードへの言い訳(99/03/02)

・スタンダード激変!禁止カード大発生(99/03/02)


・5月に6thのリミテッド戦をするならば?(99/03/30)

 題名通り、4月下旬に新しい基本セットの6th(クラシック)が発売されますが、シールド戦やドラフト戦などのリミテッド環境での公式戦は発売即使用可能ですよね。ということは4-5月にも6thを使った公式シールド戦なども可能なわけです。
 ここで、問題。その場合、ルールは5th版なのか?6th版なのか?昨晩、DCIジャパンに4/4の大会の書類の送付について確認をしたついでに質問したところ、迷い迷って(笑)、5th版を採用してくださいとのこと。

 ごめんなさい。いつも「困った」質問してしまいまして。(^^;)

トピックスに戻る


・3/28、安芸大会速報(99/03/28)

 3/28に安芸市では2回目となる公式トーナメントが開かれ、地元の中学生を中心とした19名でスイス5回戦が行われた。結果、4-1が4人も出るという大混戦となったが、わずかにOppMW%で上回った小原大輔くんが黒ウィニーで公式戦初優勝を飾った。
 なお、自分は昨日の惨敗の借金を返すべく、この安芸に乗り込んだが、2-1-2と見事に返り討ち。NWOで完全に場を固めておきながらApocalypse/黙示録で一掃されるなど、精神的にもボロボロになって高知に帰ってきたとか来ないとか。

トピックスに戻る


・3/28、丸亀大会速報(99/03/28)

 3/28に香川県丸亀市で行われた丸亀大会では、高知のエース富永誠が6連勝で優勝を飾った。彼が今回持ち込んだデッキはDream Halls-MoMa。対手品にシフトした復活の香川の大魔人森崎氏を破り、一気に波に乗り、5連勝同士のプレイオフとなった6回戦も完全に相手のネクロディスクを上回る勢いで封殺して勝利したとのこと。

トピックスに戻る


・3/27のFB高知トーナメント結果(99/03/28)

 3/27はFB高知で昼はドラフト、夜はスタンダードのそれぞれ公式戦が開催された。ドラフトでは16名参加となったので2卓開かれ、それぞれ富永誠と松山から参加の中村泰浩がが優勝した。夜のスタンダード戦は10名で行われ、優勝はDream Halls-MoMa浜田師教氏が優勝。
 なお、自分は4月からの環境にいち早く慣れるために、NWOで出場。より勝ちを目指すのであれば、Recurring Nightmare/繰り返す悪夢を使えばいいのに、意地を張ってOath of Ghouls/グールの誓いを代用として出場。・・・てーか、3月という事を忘れていました。(^^;)Rec使っても良かったよね。
 1回戦が優勝の浜田、2回戦がMegrim-jarの市山太郎といういま流行の手品デッキに当たり、練習もくそもなく手品に付き合わされボロ負け。

 今回の教訓。意地を張るもんではありません。はい。

トピックスに戻る


・Pit様奮戦記。(99/03/24)

 6thになるとスタンダード落ちがほぼ決定しているLord of the Pit/奈落の王ですが、落ちる前に、ちょっとだけ暴れさせています。
 で、このHPのデッキ集で取り上げているLifeline-nwoがそれ。キーはLifelineの効果でPit様が食べた(サクった)クリーチャーがちゃんと戻って来るというコンボで、餌切れを回避して、殴るというのが勝ちパターン。
 おまけに、スパイクのカウンターをもPit様に乗っけて(献上して)、パワーUPするのも有りなのでなかなか笑えます。今日は、調子よく最大瞬間風速13点パンチが飛んでいました。
 なかなか気に入り始めたデッキですが、真面目な話、これ強いのか・・・?判断に迷うところです。(笑)

トピックスに戻る


・FB高知でMTG以外のトレカゲームが流行中。(99/03/24)

 最近、FB高知でMTG以外のトレカゲームがちょっとしたブームになっています。その先駆けは何と言ってもガンダム・ウォーですが、それに続いてリーフ・ファイトもプレイしている組が出現。えーと、プレイしていたのは、高知のエースの富永くんだったような。(^^;)
 まぁ、MTG以外のトレカゲームの相手を捜しているのでしたら、お昼過ぎにFB高知に来ると良いかも。

しかし、こんな調子で四国予選は大丈夫だろうか・・・?>高知県勢

トピックスに戻る


・怪しい6th情報。円盤が消えて、Thawing Glaciersが帰ってくる!?(99/03/23)

 怪しい噂の温床、MTGNEWSで6thになって消えるカード、収録されるカードが紹介されていました。全くもって怪しいリストですが、ケラケラ笑いながら読む分には面白いかも。

→詳しくはここ

トピックスに戻る


・5月の高知大会の日程変更(99/03/23)

 このHPで日本選手権広島予選は5/4と紹介していましたが、実際は5/3の間違いであることが判明。実は、高知ジャッジーズ(藤原、本廣、国光)は広島予選に参加しようと画策していたのですが、5/3は我々MTGuser-s高知主催の第25回MTG高知大会とだぶってしまう・・・
 で、今年こそは世界に羽ばたきたい高知ジャッジーズは、第25回MTG高知大会を1日ずらして、5/2に変更にするという暴挙をあっさり決定。そういう方向でよろしく。(^^;)

トピックスに戻る


・3/21のFB高知でのトーナメント結果(99/03/22)

 3/21に行われたFB高知でのトーナメントは、中学生の寺尾くんが白ウィニーを操り公式戦初優勝を果たした。(参加12名、スイスドロー4回戦)
 自分も参加していましたが、今回は何故か中学生ばかりの参加でメチャ場違いな感じ。新しくDojoで仕入れてきたLifeline-NWOでちんたらと3-1でまぁまぁの成績でした。いやぁ、クリーチャー同士の殴り合いばかりで助かった。(^^;) はやりの手品デッキは中学生はお嫌いなようで。(笑)

トピックスに戻る


・噂のSecond Chanceにエラッタ発表。(99/03/19)

 無限にターンを得ることの出来ると噂だったSecond Chance/セカンドチャンス(UL)にエラッタ発表。哀れそのコンボはダメーの裁定が3/19に発表されました。4月に向けて、それをキーにしたデッキを作成していた人は慌ててデッキを直してくださいね。(ルール発効は3/19に即時発行)
 内容は、
Booby Trap, Brink of Madness, Defense of the Heart, Hesitation, Impending Disaster, Mogg Bombers, Planar Collapse, and Second Chanceはトリガー能力のように読めるので、これからは生け贄に捧げることにより能力を発動するとテキストを変更するとのこと。
 ん?ついでに、Mogg Bombersによる大量ダメージコンボも封じられたね。ぐはぁ・・・・

 なお、他にもエラッタやルール変更されています。→詳しくはここをクリック

トピックスに戻る


・日本選手権の参加応募葉書配布中(99/03/19)

 4-5月に行われる日本選手権地方予選の参加応募葉書が、MTGを扱っている各店で配布が始まりました。参加を予定されている方は、応募をお忘れなく!もしも、葉書の配布が終わっていたら、DCIジャパンなどに問い合わせてみるように。(既に配布終了の店もあるようで)

トピックスに戻る


・Worshipでのダメな使い方(99/03/19)

 Worship/崇拝(US)が4月以降各種デッキのキーカードとなりそうな予感がしている今日この頃です。さて、先日からちょっとこのカードについて色々考えていた中に、Lifeが0点以下で自分がクリーチャーをコントロールしているときに、ダメージを食らった場合の処理はどうなるのだろうか?というもの。
 果たして、Lifeは1点になるのか?-2点なのか?という疑問がわいてカードを眺めて3分、ゲーム的にはおかしいけど、テキスト読む限りはOKなのか?自信をなくした自分はDCIジャパンに電話で問い合わせ。
 で、DCIジャパンの回答は「OK」とのこと。根拠は元のLifeが何点かはチェックをしていないからとのことであるが、やはり心の晴れない自分はその他でも調べることに。
 他のLv2はダメであるとの回答。こちらの根拠は、英文のテキスト中の「reduces」は「減少」だから、-1から1になるのは「減少」とは言わないとのこと。なるほど、こちらの方が理がと通るのでこちらは納得。

 というわけで、出来ない方向の裁定を採用というわけで。(^^;)

トピックスに戻る


・3/28の徳島大会は非公認に(99/03/19)

 徳島のハリーからの謎通信によると、3/28の徳島大会は、都合により非公認大会になるとのこと。参加される方はその事をご了承くださいとのことです。

トピックスに戻る


・3月&4月の今治大会で変更事項(99/03/15)

 毎月定期的に開催されている今治模型社MTGコンベンションですが、3月と4月の大会について変更点が出ましたのでお知らせします。
 3月については、開催日と会場の変更、4月については開催日が変更となっています。なお、高知近辺のM:TGイベントスケジュールで最新の情報に更新してありますので、詳しくはそちらをご参照ください。

トピックスに戻る


・3/13、FB高知ナイトトーナメント結果(99/03/14)

 土曜日恒例のFB高知ナイトトーナメントが、3/13に行われた。この日集まったのは10名だったのでスイスドロー4回戦で行われることとなった。で、優勝はDream Halls-MoMa浜田師教氏が4連勝で優勝。この環境では手品デッキ最強の呼び声通り、ぶっちぎりで優勝を飾った。
 で、自分は4月からの環境用の為に5CWで出場したが、手品デッキが半数近く出場していたので、まともに勝てるはずがないと判断。1回戦のNWO倉岡信太郎氏(安部亮氏からデッキ強奪して出場)に相手が初めて廻すデッキのためにデッキコントロールのミス連発に助けられ敗北を回避、なんとか引き分けとなったので、さっさと2回戦以降は敵前逃亡的トーナメントリムーブ。(笑)

 その後、トーナメントを横目にもう一人のMTG公認Lv2ジャッジのPolaris氏とガンダム・ウォーに興じていたのは秘密だ。

トピックスに戻る


・またまた禁止カード発表(99/03/13)

 先日、3/1に禁止カードが大量に発表されたばかりであるが、それに追加されてまたまた禁止カードが発表された。今回、禁止カードの烙印を押されたのは先月発売になったばかりのウルザズレガシーのレアカード、Memory Jar/記憶の壺である。
 Memory Jarは構築戦ではクラシック環境で1枚制限カードになる以外、全ての環境で禁止となる。(4/1より施行)
 実は、このカードをキーにした平均2-3ターンキルの瞬殺コンボデッキが各レギュレーションで大暴れしているのであるが、瞬殺コンボデッキの存在を許さないDCIのチェックに引っかかり、哀れ発売1ヶ月でMemory Jarはただの紙となってしまった。→詳しくはここ

 限られた人数でのテストプレイの限界も分からないではないが、何ともウルザズシリーズのカードデザインはお粗末としか言いようがない。

トピックスに戻る


・3/7のFB高知トーナメントは芝藤俊介が優勝!(99/03/08)

 3/7にFB高知で行われたスタンダードトーナメント(スイス5回戦、参加人数21名)はMegrim-Memory Jarの瞬殺コンボデッキの芝藤俊輔くんが4勝1分で優勝。なお、2位はOppMW%でDream Halls-MoMaの富永誠くんが入賞。(4勝1分)
 禁止カードがまだ発行されていない3月のトーナメントははまだまだ瞬殺デッキが暴れそうである。

→優勝デッキリストはこちら

トピックスに戻る


・セカンドチャンスにエラッタか?(99/03/08)

 無限にターンを得ることできちゃうぜ!と話題沸騰だった(ホントか?)Second Chance(UL)/セカンドチャンスであるが、どうやらそれが出来ないようにエラッタが出る模様。
 実は巨大鯨などのマナ垂れ流しクリーチャーのエラッタと一緒に出るはずだったのが何故か漏れてしまったということで、3月中旬か、4月1日にはこのエラッタが発表(発行)されるとのこと。よほどWotCは「無限」ということがお嫌いらしい。(笑)

トピックスに戻る


・第6版に再録か!?(99/03/07)

 最新のデュエリスト(英語版)の広告に第6版の広告が掲載しているそうであるが、その広告の中に数種類カードのイラストも掲載されていたとのこと。
 気になる掲載されていたカードは、Archangel(VI)/大天使Volcanic Dragon(MI)/火山のドラゴンMaro(MI)/マローHammer of Bogardan(MI)/ボガーダンの鎚Balduvian Horde(AL)のイラストであったとのこと。特にハンマーの復活?は驚き。

トピックスに戻る


・第6版ルールブック発見(99/03/07)

 第6版(クラシック)に添付されるルールブックを発見。出先はいつものMTGnewsなのであくまで噂レベルなのであるが、まぁ、本物でしょう。(笑)
 で、気になるのはプロテクション関係の説明が第6版には存在しないトランプルやバンドなどのルールと同じ場所にしか無いという事。ということは白騎士や黒騎士、デルビッシュもさようならなのか!?事実ならばかなり衝撃。→詳しくはここ

トピックスに戻る


・寝耳に水のDCIジャパン(99/03/02)

 先に述べたように、禁止カード交換サービスについてDCIジャパンに問い合わせたところ、全くの寝耳に水の状態とのこと。というわけで、日本での交換サービスは全く不明。
 何か決定すればHJのホームページで動きがあるであろうと思われますので、ちょっと待ってみましょう。

トピックスに戻る


・巨大鯨などのエラッタ発動(99/03/02)

 禁止カードと同じく、問題カードへのエラッタ(訂正)が発表された。この訂正は発表即発動なのでご注意を。

 Great Whale/巨大鯨Peregrine Drake/流浪のドレイクなどの場に出たときに任意の土地を何枚かアンタップできるクリーチャーに関しては以下のようにテキストを変更されます。

When [this creature] comes into play, if you played it from your hand, untap up to [the appropriate number] lands.

 ですので、手札からまともに召還したときのみしか土地をアンタップ出来ないので、Recurring Nightmare/繰り返す悪夢などの効果で場に出た場合は土地はアンタップできません。
 また同じように
Priest of Gix/ギックスの僧侶も手札からまともに召還しないと場に出た途端に3マナを発生させる効果は発動しないようにテキストが変更となります。

トピックスに戻る


・スタンダード以外の禁止カードなどの変更(99/03/02)

 その他の構築デッキ戦環境の禁止、制限カードの紹介。

エクステンデッド
変更無し

クラシック1.5
Candelabra of Tawnos 禁止カード解除
Copy Artifact 禁止カード解除
Maze of Ith 禁止カード解除
Mishra's Workshop 禁止カード解除
Time Spiral 禁止カード

クラシック
Maze of Ith 制限カード解除
Time Spiral i制限カード

ウルザブロック限定構築
Time Spiral i禁止カード
Windfall 禁止カード

トピックスに戻る


・WotCの禁止カードへの言い訳(99/03/02)

 今回の新たに禁止カードの発表に関してのWotCの言い分を簡単に紹介します。手持ちの自動翻訳ソフト!の助けを借りてスタンダード環境に関してのダイジェストでお送りします。


今回の禁止カードが多いわけ
 現在、スタンダード環境下で滅茶苦茶早いコンボデッキが猛威を振るい、はなはだゲームを面白くなくさせている。その為、今回の禁止カードの発表となったのである。以下は各カードの禁止カード落ちの理由である。

Dream Halls/ドリーム・ホール(SH)
 通常は問題ないカードであるが、追加で新たに引いてくるカードと組み合わすことにより、問題を生じさせるためである。
Earthcraft/大地の知識(TE)
 これは簡単に無限マナを産み出すキーカードとなっていた為である。
Fluctuator/波動機(US)
 これは、現在猛威を振るっているコンボデッキが抜けた後に、このカードをキーにしたコンボデッキが猛威を振るう事が予想される為である。
Lotus Petal/水蓮の花びら(TE)
 コンボデッキの高速化と多色コンボの成立を助けているためである。
Recurring Nightmare/繰り返す悪夢(EX)
 Time Spiralデッキが抜け落ちた後はこのカードをキーにしたデッキがトーナメントを支配する事が予想されるため。
Time Spiral/時のらせん(US)
 多くのコンボデッキの中核を担っていたカードであるため。カードデザイン時は6マナもかかる呪文であるので問題はないであろうと考えていたのであるが。


 今回の決定で徹底的にコンボデッキのスタンダードでの成立を潰し、クリーチャーでの殴り合いでの勝負をつけるように修正をしようとしているようです。
 なお、原文はここをクリックしてお確かめください。

トピックスに戻る


・スタンダード激変!禁止カード大発生(99/03/02)

 スタンダードの禁止カードは3ヶ月に一度発表されるのであるが、今回の発表は前回の発表に比べてあまりにも唐突。予想もしなかったカードが次々禁止カードの烙印を押された。まずは、スタンダード環境での禁止カードの一覧である。

Dream Halls/ドリーム・ホール(SH)
Earthcraft/大地の知識(TE)
Fluctuator/波動機(US)
Lotus Petal/水蓮の花びら(TE)
Recurring Nightmare/繰り返す悪夢(EX)
Time Spiral/時のらせん(US)
Tolarian Academy(US)<トレイリアのアカデミー>
Windfall(US)<意外な授かり物>

 この禁止カードの発行は4/1よりとなっている。この禁止カード発表により、NWO、MoMaが息絶えることになりそう。なお、この禁止カードはスタンダードのみなので、その他のエクステンデッド、クラシックなどについては後に報告します。
 なお、禁止カード所有の方への救済策として、カードとパックの交換サービスWotCが実施するとの情報もある。詳しく分かり次第ご報告する予定。

トピックスに戻る