高知M:TGトピックス
2006/07

今月のトピックスに戻る

Topに戻る

★ PTQ神戸−四国結果(7/30)
★ GPセントルイスで中村修平が優勝(7/25)
★ オリバー ルーエルがGPでDQ(7/25)
★ フリースペルのオラクル変更(7/13)

 

★ PTQ神戸−四国結果(7/30)

PTQ神戸−四国は53名の参加者を集め7/30に高知県文教会館で開催された。結果、鈴木孝昭(徳島)が権利獲得。鈴木は2回目のPT出場となる。


優勝の鈴木孝昭

なお、会場にはLv6魔法使いの津村健志が来高。突発的にシールド戦のガンスリンガーを行っていただき、結果はLv6魔法使いの4勝6敗。感想は?と聞くと、「GPでこんなパックを引かなくてよかった」とのこと。


★ GPセントルイスで中村修平が優勝(7/25)

GPセントルイスで日本から参加していた中村修平が優勝。中村はプロプレイヤークラブでLv6の最高位の位置にいるが、意外にもGP初優勝。本人曰く「プレミア初優勝」。(日本独自イベントのThe Finalsでは2002年に優勝)
なお、一緒に参加していた津村健志も3位入賞。


優勝の中村修平

→Eastern Cold Front Snaps St. Louis Heatwave!
MagictheGathering.com


★ オリバー ルーエルがGPでDQ(7/25)

日本でもおなじみのオリバー ルーエルが「シャッフル中に相手のデッキをのぞき見た」とのことで、参加していたGPマルメ(スウェーデン)でDQの処分を受けた。このことについて、サスペンドなどの追加の懲罰が出るかは不明。

→GPマルメでのヘッドジャッジのコメント
MagictheGathering.com

→オリバー本人のコメント(翻訳)
MtG Today’s News!


★ フリースペルのオラクル変更(7/13)

《パリンクロン/Palinchron(UL)》などのフリースペルでいろいろ悪いことをしていた人に朗報?
場に出たら土地をアンタップする能力を持つクリーチャーがウルザブロックにありましたが、《繰り返す悪夢/Recurring Nightmare(EX)》などとのコンボで簡単に無限マナを得ることができる事を理由に、「手札からプレイしたときのみ」という制限をかけられていました。しかし、今回のテキストの変更で元通りのテキストに戻ったのです。
今のパリンクロンのテキストで該当部分を抜粋すると「When Palinchron comes into play, untap up to seven lands. 」となっているわけです。
なお、同じように《玉虫色のドレイク/Iridescent Drake》[UDS]も「手札から・・」のテキストは削除されています。

但し、「〜明神」など元々「手札から・・」のテキストがあるカードに関しては変更されていませんので、全てのカードから「手札から・・」のテキストが無くなったわけではありません。ご注意。

・「手札から・・」の記載がなくなったカード

《フェアリーの大群/Cloud of Faeries》[ULG]
《巨大鯨/Great Whale》[USG]
《霊体の先達/Karmic Guide》[ULG]
《玉虫色のドレイク/Iridescent Drake》[UDS]
《パリンクロン/Palinchron》[ULG]
《流浪のドレイク/Peregrine Drake》[USG]
《ギックスの僧侶/Priest of Gix》[USG]
《不実/Treachery》[UDS]

・「手札から・・」の記載があるカード(参考)

《催眠魔/Hypnox》[TOR]
《炉のドラゴン/Furnace Dragon》[DST]
《一なる否命/Iname as One》[SOK]
《浄火明神/Myojin of Cleansing Fire》[CHK]
《激憤明神/Myojin of Infinite Rage》[CHK]
《生網明神/Myojin of Life's Web》[CHK]
《夜陰明神/Myojin of Night's Reach》[CHK]
《風見明神/Myojin of Seeing Winds》[CHK]
《強奪する悪魔/Reiver Demon》[MRD]