高知M:TGトピックス
2005/08

 

今月のトピックスに戻る

Topに戻る

★ 日本選手権参加受付時間の変更(8/12)

★ 日本選手権詳細発表(8/11)

★ 藤田修、プレミアイベント初優勝(8/7)

★ GP台北初日は藤田修が全勝ターン。(8/6)

★ 第9版FAQと第9版訂正集(8/1)

★ タカラのMTGホームページがリニューアル(8/1)

 

★ 11月末にGP北京が開催予定(8/12)

 11月にはアジアで2回のGPがあったなんて、知りませんでした。(^^; GP北九州と同じ11月にはGP北京があります。フォーマットはエクステンデッド。開催日は11/26-27の2日間。
 なお、中国には15日以内の滞在ならビザは不必要との事。時期的にも結構安くいけそうなGPかも。

→Grand Prix ScheduleMagictheGathering.com


★ 日本選手権参加受付時間の変更(8/12)

 先の記事で日本選手権の参加受付に関して、本戦前日の9/1(木)のみとありましたが、参加者の利便性を考え、金曜日本戦当日にも行うこととなりました。

 新たな参加受付時間は、1日(木)15:00〜21:00、2日(金)09:30〜10:00の2回となります。本戦参加者はいずれかの参加受付時間に参加登録を済ませてください。

→日本選手権詳細 マジック:ザ・ギャザリング


★ 日本選手権詳細発表(8/11)

 9/2(金)、3(土)、4(日)に開催予定の日本選手権本線の詳細が発表となりました。
  9/2がスタンダード3ラウンド、ブースタードラフト4ラウンド、9/3がブースタードラフト3ラウンド、スタンダード4ラウンドと昨年同様ジグザグフォーマットを採用。
  2日間に渡る14ラウンドの結果で上位8名が9/4の決勝ラウンドに進出し、スタンダードによる決勝ラウンドの結果、上位4名が世界選手権に進むことになります。(なお、上位3名は日本代表チームメンバーに登録され、国別対抗団体戦にも参加します)

 今回の注意事項は参加受付は9/1(木)に行わなくてはいけないこと。社会人はキッツーかもしれませんが、これも世界を目指す為。戦いは既に木曜日の休みを確保するところから始まっているのです。
  特に地方予選突破者に贈られるトラベルマネーはこの参加受付の時に支払われることになりますので要注意。

 今年の四国在住者で日本選手権参加権を取得しているのは、横山光徳(香川)、加地哲也(香川)、脇坂祐介(愛媛)、綾圭介(香川)、岩井剛士(徳島)の5名。

→日本選手権詳細 マジック:ザ・ギャザリング


★ 藤田修、プレミアイベント初優勝(8/7)

 8/6-7に台北で開催されたGP台北は藤田修が優勝。藤田は念願のプレミアイベント初優勝。
 藤田は初日を全勝、そのまま2日目の予選ラウンドを1位で突破、決勝ラウンドも黒田正城、坂東潤一郎、森田雅彦を破り、堂々の優勝。


優勝の藤田修(京都)

→Live Coverage of 2005 Grand Prix Taipei
MagictheGathering.com


★ GP台北初日は藤田修が全勝ターン。(8/6)

 8/6にGP台北が開幕。初日8回戦の結果、全勝は藤田修と台北地元アマチュアプレイヤーのTai Chi Huang。
 なお、今回も多くの日本人が参加しており、その数は39名。その内2日目に進んだのは20名。(地元台北勢の2日目進出は34名)

→Live Coverage of 2005 Grand Prix Taipei
MagictheGathering.com


★ 第9版FAQと第9版訂正集(8/1)

 第9版のFAQが発表となっている。注目すべき内容は個別エンチャントに関して新たな用語「エンチャント・オーラ」という用語を使った説明に変更(ゲーム内容にそれほど影響はありません)、クリーチャータイプの変更(思った以上に多いのでチェック必要ですぞ)がある。
 また、日本語版第9版に関して3枚のカードに関して訂正が発表されている。これも合わせてチェック。

→第9版FAQ〔日.txt〕MJMJ
→第9版FAQ〔日.html〕 MJMJ
→第9版異状集〔日〕MJMJ


★ タカラのMTGホームページがリニューアル(8/1)

 第9版発売に合わせて、タカラのMTGホームページがリニューアルされている。また、MTG未体験の方に第9版の体験版プログラムもアップロードされている。

→マジック:ザ・ギャザリング