高知M:TGトピックス
2004/09

 

今月のトピックスに戻る

Topに戻る

★ 来年1月は大忙し(9/30)

★ GP横浜詳細発表(9/30)

★ 四国最強位戦開催の告知(9/26)

★ MAGIC DAILY NEWSが再開(9/26)

★ 都道府県選手権の詳細が発表(9/26)

★ 神河物語のカードリストなど発表(9/26)

★ 四国のプレリリーストーナメントは120名が参加!(9/19)

★ 世界選手権の優勝は15歳のJulien Nuijten(オランダ)(9/7)

★ 世界選手権、日本チームは第3位(9/6)

★ アリーナリーグの結果報告(9/6)

★ 世界選手権、小倉 陵が決勝トーナメント進出(9/5)

★ 禁止&制限カード発表(9/1)

★ 世界選手権開幕(9/1)

 

★ 来年1月は大忙し(9/30)

 来年の1月はイベント目白押し。MTGプレイヤーにとって大忙しの1月になりそう。

・1/8-9 GP大阪(チームリミテッド)
・1/22-23 神河謀叛プレリリーストーナメント
・1/28-30 PT名古屋(ロチェスタードラフト)

 社会人プレイヤーの方はこれから休暇の出し方を考えていた方がよさそうです。(^^;


★ GP横浜詳細発表(9/30)

 11/20-21にパシフィコ横浜で開催されるGP横浜の詳細が発表となった。今回はPT名古屋に繋がるGPなので注目を浴びるトーナメントになりそう。

→マジック:ザ・ギャザリング グランプリ横浜
マジック:ザ・ギャザリング


★ 四国最強位戦開催の告知(9/26)

 久々に四国統一イベントを企画しています。その名も「四国最強位決定戦」(通称 四国最強位戦)。これは都道府県選手権と連動したイベントとして企画中です。詳細は後日発表予定。こうご期待!


四国最強位戦のロゴ


★ MAGIC DAILY NEWSが再開(9/26)

 サーバートラブルにより、休止に追い込まれていたみやけんさんのMAGIC DAILY NEWSですが、サーバーを移転してより軽くなって再スタートしました。今までと同じく、イベント関連情報を取り扱っていくとの事。

→再開したMAGICDAILYNEWS.COM

 余談ですが、みやけんさんとのお付き合いも気がつけば5年以上になるわけで、昔はこんなイベントもあったんですよねぇ・・・

→miyaken's Room -> LANCER's Room
→顛末記

 というわけで、我々は昔も今もお互いに刺激を受けつつ頑張っています。(^^;


★ 都道府県選手権の詳細が発表(9/26)

 神河物語のスタンダード解禁最初の週末に開催されるビックイベント「都道府県選手権」の詳細がHJのサイトで発表となりました。この都道府県選手権の賞品は超豪華!各都道府県別に優勝者に神河物語トーナメントパックとブースターパックが各1BOX(合計2BOX)、準優勝者にも神河物語ブースターパック1BOXが進呈されます。

 四国各県でもこの都道府県選手権を開催いたします。開催場所は愛媛は銅夢にいはま(新居浜市)、香川は丸亀市民会館(丸亀市)、高知は高知県文京会館(高知市)、徳島は徳島文化センター(徳島市)となっております。
 また、四国の都道府県選手権は、11月開催予定の四国最強位戦の出場権をかけた予選も兼ねています。四国最強を目指す人はここからスタート!

→2004年都道府県選手権詳細
→四国各県の都道府県選手権の詳細と参加受付


★ 神河物語のカードリストなど発表(9/26)

 9/18-19のプレリリーストーナメントも終了し、公式カードリストとFAQなども発表となっている。
 また、神河物語日本語版に関して訂正も発表されている。訂正個所は以下のとおり。

◎カードの訂正

《残忍な詐欺師/Feral Deceiver》(緑)
カード名・テキスト
誤:残酷な詐欺師
正:残忍な詐欺師

*「残酷な詐欺師」という名称のカードが緑と黒の2枚存在しているため、緑の「残酷な詐欺師」は「残忍な詐欺師」と読み替えてください。

《貪る強欲/Devouring Greed》
テキスト
誤:プレイヤー1人は〜
正:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは〜

《武道家の庭師/Budoka Gardener》/《生命の織り手、土塊/Dokai, Weaver of Life》
テキスト
誤:土地カードを場に出してもよい〜
正:土地カードを1枚場に出してもよい〜

→日本語版カードリストマジック:ザ・ギャザリング
→英語版カードリストMagicTheGathering.com

→神河物語ルールFAQMJMJ
→神河物語リミテッド戦登録用紙MJMJ


★ 四国のプレリリーストーナメントは120名が参加!(9/19)

 丸亀での神河物語プレリリーストーナメントは、朝、昼、晩の3回開催され、参加者の合計は120名と大盛況であった。(サイドイベントのブースタードラフトは6卓)
 次回のプレリリーストーナメントも四国で開催を検討するので、ご期待ください。


★ 世界選手権の優勝は15歳のJulien Nuijten(オランダ)(9/7)

 世界選手権最終日はドイツとベルギーのチーム戦決勝戦と、個人戦の決勝トーナメントが行われ、チーム戦はドイツ、個人戦はJulien Nuijten(オランダ)。Julien Nuijtenはまだ15歳。史上最年少のプロツアーチャンピオンの誕生となった。

  個人戦決勝トーナメントを戦った小倉 陵(愛知)は準々決勝でクアラルンプールのテリー・ソー・ハン・チュンを3-2で下したものの、準決勝でのJulien Nuijtenに2-3で敗北し、残念ながら決勝戦進出はならなかったが、彼自身にとって初めて参加した海外イベントで3位入賞という素晴らしい成績を収めた。


優勝のJulien Nuijten(オランダ)(SBより)

→Live Coverage of the 2004 World Championships
MagicTheGathering.com


★ 世界選手権、日本チームは第3位(9/6)

 世界選手権4日目は国対抗チームリミテッド。前日2位スタートの日本チームは決勝トーナメントに進む2位以内を目指したが、この日の成績は惜しくも2-2となり3位でフィニッシュ。1位はドイツ、2位はベルギー。
 しかし、この3位は日本チームとしては過去最高の成績であり、日本代表の3名はそれぞれ3000ドルを獲得した。

 世界選手権5日目はドイツとベルギーのチーム戦決勝戦と、個人戦の決勝トーナメントが行われる。9/6 7:00現在、小倉 陵は準々決勝でクアラルンプールのテリー・ソー・ハン・チュンを3-2で下し、準決勝進出を決めている。


3位入賞の日本チーム。左から藤田剛士、津村健志、中村修平(SBより)

→Live Coverage of the 2004 World Championships
MagicTheGathering.com


★ アリーナリーグの結果報告(9/6)

 9/5に2サイクルハイブリッド(通称2chダード)を使用したアリーナリーグを高知で開催いたしました。なにぶん初めての試みだったので、どのくらいのプレイヤーが来てくれるか不安でしたが、四国各地から約40名の参加者が集まり1日中歓声が絶えない楽しい1日となりました。
  この日は勝敗を争うトーナメントではないアリーナリーグだったことと、普段使わないフォーマットの2サイクルハイブリッドだったので、プレイヤーそれぞれが勝負を度外視した自分が使いたいデッキをブンブン使って楽しんでいました。
 そこら中でボールライトニングが転がり、憎悪が飛び交い、ネクロで引きまくったり、停滞でまったりしたり、久々に使うお気に入りのカードで皆さんMTGを堪能。
 規定の8回対戦に飽き足らず2周目に突入して、最終的には3周目まで楽しんじゃったプレイヤーもいたりして、主催者としては嬉しい限りのイベントでした。

 今回は日ごろの感謝の意味もこめて、山のような駄菓子と高知のカードゲームショップのフリークスの提供による賞品を用意させていただき、これまた大好評。会場中が駄菓子の匂いで充満する勢いで、飲み物を捜し求めるプレイヤー続出。

 こんなカジュアル系のイベントも年に1回くらいは開催をしたいなと思う主催者でした。


賞品で用意した駄菓子の山


多くの賞品用MTG関連グッツ


★ 世界選手権、小倉 陵が決勝トーナメント進出(9/5)

 昨年に続いて日本人が世界選手権の決勝トーナメントに進出!小倉 陵(愛知)は彼にとって初めての海外遠征で決勝トーナメント進出という快挙を成し遂げました。
 また、日本代表チームも3日間通算で全員が勝ち越しを成し遂げ、チーム順位もウクライナに続いて2位。土曜日はチームロチェスターなので、例年以上のコンビネーションが期待できる今年のチーム。こちらの方も決勝戦進出に期待がかかります。


決勝トーナメント進出の小倉 陵(愛知)(SBより)

→Live Coverage of the 2004 World Championships
MagicTheGathering.com


★ 禁止&制限カード発表(9/1)

 スタンダード環境では変更ないが、エクステンデッドで《金属細工師/Metalworker(UD)》と《頭蓋骨絞め/Skullclamp(DST)》が禁止カード入りとなった。これは9/20以降の公認トーナメントで発効される。
  それ以外でも、TYPE-IとTYPE-1.5の分離の件、Magic Onlineでの禁止カードの発表も年4回発表されるなどが発表されている。

→September 2004 DCI Banned and Restricted List Announcement
MagicTheGathering.com


★ 世界選手権開幕(9/1)

 GP名古屋の興奮覚めやまぬまま、世界選手権が開幕。今年の開催地はサンフランシスコ。日本勢は22名が参加しており、その中で日本代表チームは藤田剛士、津村健志、中村修平、中野圭貴(補欠)という構成になっている。


会場のサンフランシスコのFisherman's Wharf(SBより)

→Live Coverage of the 2004 World Championships
MagicTheGathering.com