高知M:TGトピックス
2004/07

 

今月のトピックスに戻る

Topに戻る

★ GPクアラルンプール優勝者インタビュー(7/31)

★ GPT名古屋−四国2次は山口徹也(徳島)が優勝(7/31)

★ 遂に森田雅彦が個人戦で初栄冠!(7/25)

★ 世界選手権ツアー続報(7/22)

★ 世界選手権ツアー企画締め切り間近(7/14追加情報)

★ PTシアトルはVon Dutchが優勝(7/12)

★ Angelic Smile in Nagoya盛況のうちに終了(7/11)

★ 2つの日本人チームが決勝トーナメントへ(7/11)

★ PTシアトルで志村、有田、射場本チーム初日全勝(7/10)

★ 来シーズンのPTスケジュール発表(7/10)

 

★ GPクアラルンプール優勝者インタビュー(7/31)

 GPクアラルンプールで念願のGP初制覇した森田雅彦に突撃インタビュー!

→インタビュー(MP3ファイル 1M)


★ GPT名古屋−四国2次は山口徹也(徳島)が優勝(7/31)

 7/25に高知で開催されたGPT名古屋−四国2次は山口徹也(徳島)が赤黒土地破壊で優勝。準優勝はゴブリン召集の近藤崇仁(徳島)。

1位 山口徹也(徳島)
Main deck Side Board
4《騒がしいネズミ(DST)》
4《真面目な身代わり(MRD)》
4《大いなる収穫者(DST)》

4《静電気の稲妻(MRD)》
4《マグマの噴流(5DN)》
4《紅蓮地獄(8ED)》
4《石の雨(8ED)》
4《溶鉄の雨(MRD)》
4《死の雲(DST)》

8《山ountain》
8《沼/Swamp》
4《アーボーグの火山(8ED)》
4《血染めのぬかるみ(ONS)》

4《粉砕(MRD)》
4《残響する破滅(DST)》
4《迫害(8ED)》
3《波停機(SCG)》

→順位表&デッキリスト
→優勝者インタビュー(MP3ファイル 1.1M)


★ 遂に森田雅彦が個人戦で初栄冠!(7/25)

 7/24-25にマレーシアのクアラルンプールで開催されていたGPクアラルンプールで森田雅彦が優勝。
 森田は チーム戦での優勝は経験していたものの、GPの準優勝が5回などなど、今まで個人戦のビックタイトルに届きそうで届かなかった。しかし、ここクアラルンプールで遂に個人戦での栄冠を獲得!おめでとう!

 あ、その前に2003年度の高知最強位というタイトルを獲得していましたね。>森田くん


優勝の森田雅彦(写真はSBより)

→Live Coverage of 2004 Grand Prix Kuala Lumpur
MagicTheGathering.com


★ 世界選手権ツアー続報(7/22)

 前回募集していた世界選手権ツアー\148.000-は7/20に締め切りとなりましたが、レーティングで出場を考えている方に為に、世界選手権に関してチケットやホテルの手配はまだ可能との事。
 例えば、GP名古屋に出場してそのまま名古屋から世界選手権に行ってしまおう!なんて計画も可能だとか。まずは、相談するのが吉。

問い合わせ先:
フジトラベルサービス高松営業所 (電話087-832-5001)
担当 山中稔久(携帯電話090-6281-5140)


★ 世界選手権ツアー企画締め切り間近(7/14追加情報)

 いつもの山中くんが世界選手権参加者のためのツアー企画を立てました。詳細は以下のとおり。

・成田発着 6泊8日
・料金1人 \148,000(消費税、空港税込)
・8/31(火)15:30発 9/7(火)16:25着
・使用飛行会社はノースウエスト航空
・空港とホテル間の送迎付き
・他の地域発着はご相談ください
・締め切り 7月20日

問い合わせ先:
フジトラベルサービス高松営業所 (電話087-832-5001)
担当 山中稔久(携帯電話090-6281-5140)

追加情報:関空発着でも同料金で対応可能との事です。


★ PTシアトルはVon Dutchが優勝(7/12)

 2つの日本人チームが決勝トーナメントに進出して、PT神戸に続いて日本人によるPT優勝の期待がかかったPTシアトル。日本人チーム対決を制したwww.shop-fireBall.com2が決勝でVon Dutchと優勝を争った。
 早々に石田勝利、池田敗北となりチームの勝利の行方は岡本とKamiel Cornelissenの対決にかかることになったが、2本目と3本目で岡本の切り札的カードをことごとくピンポイントでカウンターできたKamielが2勝をあげ、Von Dutchの優勝が決まった。

 今回も決勝トーナメントの様子をライブ配信されていたが、今回は非常に画面もクリアで、いままでの配信と大違い。カード1枚1枚が判別できて、ネットにかじりつきの方も多かったことでしょう。

→Live Coverage of 2004 Pro Tour Seattle
MagicTheGathering.com


★ Angelic Smile in Nagoya盛況のうちに終了(7/11)

 地元のプレイヤーの為にGPクラスのイベントを!という掛け声で名古屋で開催されたAngelic Smile in Nagoya。「Angelic Smile in Nagoyaの裏番組がPTシアトル」という話もあったとか無かったとかの盛況であったとか。
 企画した金澤くん、宮本くん、それを手伝ったのジャッジ連の方々、そして多くのイベントを楽しんだ多くのプレイヤーの皆さん、お疲れ様でした。

→石橋を叩いて壊す


★ 2つの日本人チームが決勝トーナメントへ(7/11)

 全勝で初日を駆け抜けた志村一郎、有田隆一、射場本正巳のS.A.Iは2日も勢い止まらず8連勝。R9で敗北するも、R10、R11をIDで切り抜け決勝トーナメント入り。また、岡本尋、石田格、池田剛のwww.shop-fireball.com2も2日目を3勝2IDで決勝トーナメント入り。
 チーム戦のPTで決勝トーナメントに日本人チームが駒を進めるのはこれが初めて。なお、準決勝はこの日本人チーム同士の対決となる。

→Live Coverage of 2004 Pro Tour Seattle
MagicTheGathering.com


★ PTシアトルで志村、有田、射場本チーム初日全勝(7/10)

 ウィザーズコースト本社のあるシアトルで開催されているPTシアトル。志村一郎、有田隆一、射場本正巳のS.A.Iが初日を全勝で折り返し、チームPTでの日本人初の決勝トーナメント進出への夢が膨らんだ。
 その他、岡本尋、石田格、池田剛のwww.shop-fireball.com2と藤田剛史、藤田修、森田雅彦のT.O.L. = N. okaも2日目に進出を果たしている。

→Live Coverage of 2004 Pro Tour Seattle
MagicTheGathering.com


★ 来シーズンのPTスケジュール発表(7/10)

 来シーズンのPTスケジュールが遂に発表となった。来年は名古屋でロチェスタードラフトのPT、そして横浜で世界選手権が開催予定とのこと。

10/29-31
コロンバス(アメリカ)
エクステンデッド
1/28-30
名古屋(日本)
ロチェスタードラフト
3/11-13
アトランタ(アメリカ)
チームリミテッド
5/6-8
フィラデルフィア(アメリカ)
ブロック構築
7/8-10
ロンドン(イギリス)
ブースタードラフト
10月未定
未定(アメリカ)
エクステンデッド
11/30-12/1
横浜(日本)
世界選手権

注1)
世界選手権の日程が11/30-12/1までとなっていますが、世界選手権が2日間のイベントであるわけもなく、これは11/30-12/4の間違いと思われます。
注2)
10月開催予定のPTはカリフォルニア州のどっかで開催される予定。カリフォルニア州の主要都市となると、ロサンゼルス、サンフラ ンシスコ、サンディエゴあたりかな?

→PT SEATTLE COVERAGE BLOG
MagicTheGathering.com

これ以降は自分の勝手な予想(^^;

 なお、アメリカの地区選手権は6/25、選手権は8/12-14と発表されていることから、日本の地区選手権は6月から7月、日本選手権は夏休み中になるのでは?と予想。
 また、10月未定となってるイベントはそのフォーマットから考えると、新カードセットが解禁となってから開催することを考えているだろう。21日か28日開始と予想。