高知M:TGトピックス
2003/10

 

今月のトピックスに戻る

Topに戻る

★ The Finals 2003 開催概要発表(10/21)

★ Lord of Magic Championships 2003 結果(10/20)

★ 冬のGPは岡山!(10/13)

★ 2003年度MTG高知最強位戦上位入賞デッキリスト(10/12)

★ 2003年度MTG高知最強位は森田雅彦!(10/12)

★ 2003年度MTG高知最強位戦に特別ゲスト追加(10/9)

 

★ The Finals 2003 開催概要発表(10/21)

 2003年の総決算とも言えるイベントのThe Finalsが今年も開催される。本戦は12/27-28の2日間。予選は東京、名古屋、大阪で開催される。本戦の参加資格は以下の通り。

  1. 2003年日本選手権上位8名
  2. Finals2002チャンピオンおよびファイナリスト
  3. プロポイント20点以上の日本人プレイヤー
      (PTニューオリンズプロ順位)
  4. DCI日本ランキング・コンストラクテッド部門上位20名
     (上記1〜3の選出者をのぞく・2003年11月12日付)
  5. 地区予選通過者
      (東日本予選32名、中部予選上位8名、西日本予選16名)

→詳細と予選参加申し込み


★ Lord of Magic Championships 2003 結果(10/20)

 関東の有力プレイヤーが集まって行われた大規模イベントのLoM。ミラディン入りのスタンダードの環境は、高知最強位から間違いなく動き始めている。白青黒のパーミッションの活躍は、年末のThe Finalsに大きな影響を与えるであろう。 優勝は今年の世界選手権を経験した熱田直央(東京)。

→詳細とTOP8のデッキリスト


★ 冬のGPは岡山!(10/13)

 DCIのサイトの中でGPスケジュールが発表されているが、その中で来年1月23-24日の両日、岡山でGPが開催予定となっていることが明らかとなっている。会場など詳細はまだ未発表。
 このGP岡山のフォーマットはエクステンデッド。上位入賞者はPT神戸の参加権を得るので、西日本のプレイヤーにとっては絶対注目のGPとなりそうである。

注:10/15追加
DCI発表の1/23-24は金土となっているので、間違いと思われます。ご注意ください。

→Grand Prix Schedule

 なお、四国では12/23に高知県文教会館、12/27に丸亀市民会館でGPT岡山の開催を予定している。GPTの詳細は後日発表予定。


★ 2003年度MTG高知最強位戦上位入賞デッキリスト(10/12)

予選1位:黒田正城(大阪)
GO Anan Deck (白赤サイクリング)

メインデッキ
3《宝石の手の焼却者/Gempalm Incinerator(LGN)》
4《賛美されし天使/Exalted Angel(ONS)》
4《永遠のドラゴン/Eternal Dragon(SCG)》
2《トリスケリオン/Triskelion(MRD)》

4《火花のしぶき/Spark Spray(SCG)》
4《稲妻の裂け目/Lightning Rift(ONS)》
3《霊体の地滑り/Astral Slide(ONS)》
3《神の怒り/Wrath of God(8ED)》
2《アクローマの復讐/Akroma's Vengeance(ONS)》
1《抹消/Obliterate(8ED)》
2《正義の命令/Decree of Justice(SCG)》

8《平地/Plains(8ED)》
7《山/Mountain(8ED)》
4《隔離されたステップ/Secluded Steppe(ONS)》
4《忘れられた洞窟/Forgotten Cave(ONS)》
4《邪神の寺院/Temple of the False God(SCG)》
1《大闘技場/Grand Coliseum(ONS)》

サイドボード
4《ボトルのノーム/Bottle Gnomes(MRD)》
2《忘却石/Oblivion Stone(MRD)》
1《滅殺の命令/Decree of Annihilation(SCG)》
1《抹消/Obliterate(8ED)》
1《正義の命令/Decree of Justice(SCG)》
2《拭い去り/Wipe Clean(SCG)》
1《つぶやきの塔/Tower of Murmurs(MRD)》
3《ひっかき爪/Scrabbling Claws(MRD)》

予選5位:森田雅彦(大阪)
Go Anan Deck2003(白赤サイクリング)

メインデッキ
4《永遠のドラゴン/Eternal Dragon(SCG)》
3《賛美されし天使/Exalted Angel(ONS)》
2《トリスケリオン/Triskelion(MRD)》

4《神の怒り/Wrath of God(8ED)》
3《火花のしぶき/Spark Spray(SCG)》
4《新たな信仰/Renewed Faith(ONS)》
4《稲妻の裂け目/Lightning Rift(ONS)》
3《霊体の地滑り/Astral Slide(ONS)》
2《正義の命令/Decree of Justice(SCG)》
2《アクローマの復讐/Akroma's Vengeance(ONS)》
2《めった切り/Slice and Dice(ONS)》

4《隔離されたステップ/Secluded Steppe(ONS)》
4《忘れられた洞窟/Forgotten Cave(ONS)》
2《大闘技場/Grand Coliseum(ONS)》
6《山/Mountain(8ED)》
7《平地/Plains(8ED)》
4《邪神の寺院/Temple of the False God(SCG)》

サイドボード
3《因果応報/Karma(8ED)》
1《滅殺の命令/Decree of Annihilation(SCG)》
4《赤の防御円/Circle of Protection: Red(8ED)》
2《象牙の仮面/Ivory Mask(8ED)》
1《アクローマの復讐/Akroma's Vengeance(ONS)》
1《正義の命令/Decree of Justice(SCG)》
2《拭い去り/Wipe Clean(SCG)》
1《抹消/Obliterate(8ED)》

予選2位:津野文紀(高知)
白赤サイクリング

メインデッキ

4《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum(MRD)》
4《永遠のドラゴン/Eternal Dragon(SCG)》

4《稲妻の裂け目/Lightning Rift(ONS)》
3《霊体の地滑り/Astral Slide(ONS)》
4《神の怒り/Wrath of God(8ED)》
4《火花のしぶき/Spark Spray(SCG)》
4《新たな信仰/Renewed Faith(ONS)》
2《正義の命令/Decree of Justice(SCG)》
2《星の嵐/Starstorm(ONS)》
1《物語の円/Story Circle(8ED)》
1《滅殺の命令/Decree of Annihilation(SCG)》

8《平地/Plains(8ED)》
8《山/Mountain(8ED)》
4《隔離されたステップ/Secluded Steppe(ONS)》
4《忘れられた洞窟/Forgotten Cave(ONS)》
3《邪神の寺院/Temple of the False God(SCG)》

サイドボード
3《赤の防御円/Circle of Protection: Red(8ED)》
3《賛美されし天使/Exalted Angel(ONS)》
2《因果応報/Karma(8ED)》
2《象牙の仮面/Ivory Mask(8ED)》
2《供犠台の光/Altar's Light(MRD)》
1《霊体の地滑り/Astral Slide(ONS)》
2《抹消/Obliterate(8ED)》

予選6位:河野淳一(愛媛)
白赤サイクリング

メインデッキ

4《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum(MRD)》
3《永遠のドラゴン/Eternal Dragon(SCG)》
3《賛美されし天使/Exalted Angel(ONS)》

4《稲妻の裂け目/Lightning Rift(ONS)》
3《霊体の地滑り/Astral Slide(ONS)》
3《新たな信仰/Renewed Faith(ONS)》
4《神の怒り/Wrath of God(8ED)》
3《星の嵐/Starstorm(ONS)》
3《正義の命令/Decree of Justice(SCG)》
2《金粉の光/Gilded Light(SCG)》
2《拭い去り/Wipe Clean(SCG)》

4《隔離されたステップ/Secluded Steppe(ONS)》
4《忘れられた洞窟/Forgotten Cave(ONS)》
3《邪神の寺院/Temple of the False God(SCG)》
8《平地/Plains(8ED)》
7《山/Mountain(8ED)》

サイドボード
3《法の定め/Rule of Law(MRD)》
4《翼の破片/Wing Shards(SCG)》
3《アクローマの復讐/Akroma's Vengeance(ONS)》
2《映し身人形/Duplicant(MRD)》
3《因果応報/Karma(8ED)》

 

予選3位:野口雄司(高知)
Out doorゴブリン(赤黒ゴブリン)

メインデッキ
3《つつき這い虫/Clickslither(LGN)》
4《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander(SCG)》
4《ゴブリンの戦長/Goblin Warchief(SCG)》
2《ゴブリンの名手/Goblin Sharpshooter(ONS)》
2《火花鍛冶/Sparksmith(ONS)》
4《ゴブリンの群衆追い/Goblin Piledriver(ONS)》
3《スカークの探鉱者/Skirk Prospector(ONS)》
4《ゴブリンのそり乗り/Goblin Sledder(ONS)》

4《火山の鎚/Volcanic Hammer(8ED)》
3《硫黄の渦/Sulfuric Vortex(SCG)》
4《恐怖/Terror(MRD)》

15《山/Mountain(8ED)》
4《沼/Swamp(8ED)》
4《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire(ONS)》

サイドボード
2《沼/Swamp(8ED)》
3《紅蓮地獄/Pyroclasm(8ED)》
1《野火/Flashfires(8ED)》
4《宝石の手の焼却者/Gempalm Incinerator(LGN)》
2《ゴブリンの名手/Goblin Sharpshooter(ONS)》
3《総帥の召集/Patriarch's Bidding(ONS)》

予選7位:西森崇(高知)
白青パーミッション

メインデッキ
3《賛美されし天使/Exalted Angel(ONS)》

2《集中/Concentrate(8ED)》
4《巻き直し/Rewind(8ED)》
3《新たな信仰/Renewed Faith(ONS)》
3《知識の渇望/Thirst for Knowledge(MRD)》
4《神の怒り/Wrath of God(8ED)》
2《もみ消し/Stifle(SCG)》
4《上天の呪文爆弾/AEther Spellbomb(MRD)》
2《忘却石/Oblivion Stone(MRD)》
4《正義の命令/Decree of Justice(SCG)》
4《マナ漏出/Mana Leak(8ED)》

4《教議会の聖域/Synod Sanctum(MRD)》
4《古えの居住地/Ancient Den(MRD)》
4《溢れかえる岸辺/Flooded Strand(ONS)》
4《沿岸の塔/Coastal Tower(8ED)》
7《島/Island(8ED)》
2《平地/Plains(8ED)》

サイドボード
1《因果応報/Karma(8ED)》
2《供犠台の光/Altar's Light(MRD)》
2《象牙の仮面/Ivory Mask(8ED)》
1《未来予知/Future Sight(ONS)》
1《もみ消し/Stifle(SCG)》
3《無効/Annul(MRD)》
4《ボトルのノーム/Bottle Gnomes(MRD)》
1《賛美されし天使/Exalted Angel(ONS)》

予選4位:本多祐季(愛媛)
ゴブリン単

メインデッキ
4《ゴブリンのそり乗り/Goblin Sledder(ONS)》
3《ゴブリンの名手/Goblin Sharpshooter(ONS)》
4《火花鍛冶/Sparksmith(ONS)》
4《スカークの探鉱者/Skirk Prospector(ONS)》
4《ゴブリンの群衆追い/Goblin Piledriver(ONS)》
4《つつき這い虫/Clickslither(LGN)》
4《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander(SCG)》
4《ゴブリンの戦長/Goblin Warchief(SCG)》

4《黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb(MRD)》
2《忘却石/Oblivion Stone(MRD)》

3《ゴブリンの穴ぐら/Goblin Burrows(ONS)》
20《山/Mountain(8ED)》

サイドボード
1《ゴブリンの名手/Goblin Sharpshooter(ONS)》
3《ボトルのノーム/Bottle Gnomes(MRD)》
3《罠の橋/Ensnaring Bridge(8ED)》
3《硫黄の渦/Sulfuric Vortex(SCG)》
3《波停機/Stabilizer(SCG)》
2《粉砕/Shatter(MRD)》

予選8位:西岡崇(高知)
白青パーミッション

メインデッキ
4《上天の呪文爆弾/AEther Spellbomb(MRD)》
4《発展のタリスマン/Talisman of Progress(MRD)》
4《神の怒り/Wrath of God(8ED)》
4《新たな信仰/Renewed Faith(ONS)》
4《巻き直し/Rewind(8ED)》
3《正義の命令/Decree of Justice(SCG)》
3《知識の渇望/Thirst for Knowledge(MRD)》
2《もみ消し/Stifle(SCG)》
2《権威の確立/Assert Authority(MRD)》
2《動員令/Mobilization(ONS)》
2《マナ漏出/Mana Leak(8ED)》
2《変幻の杖/Proteus Staff(MRD)》
1《ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher(MRD)》

4《沿岸の塔/Coastal Tower(8ED)》
4《古えの居住地/Ancient Den(MRD)》
4《教議会の座席/Seat of the Synod(MRD)》
3《島/Island(8ED)》
3《平地/Plains(8ED)》
3《溢れかえる岸辺/Flooded Strand(ONS)》
2《隠れ石/Stalking Stones(MRD)》

サイドボード
2《無効/Annul(MRD)》
3《翼の破片/Wing Shards(SCG)》
2《象牙の仮面/Ivory Mask(8ED)》
2《永遠のドラゴン/Eternal Dragon(SCG)》
2《霊魂放逐/Remove Soul(8ED)》
1《もみ消し/Stifle(SCG)》
1《変幻の杖/Proteus Staff(MRD)》
1《隠れ石/Stalking Stones(MRD)》
1《ひっかき爪/Scrabbling Claws(MRD)》


★ 2003年度MTG高知最強位は森田雅彦!(10/12)

 10/12に開催された2003年度MTG高知最強位戦は、65名の参加資格保持者のうち44名が集まり開催された。フォーマットは昨年と同じくミラディン対応の先取りスタンダード。
 この最強位戦で注目を浴びたのは特別ゲストの森田雅彦と黒田雅城。その戦績、ゲームぎゃザでの記事の執筆などで知名度も実力も飛びぬけている2人参加は、高知をはじめとして四国のプレイヤーに大いに刺激を与えたことになったであろう。

 気になるメタゲームであるが、この時期のメタゲームはどうしても直前のブロック構築の環境から引き継いだデッキからメタゲームの構築が始まる印象がある。昨年のオンスロート解禁スタンダードでは直前のオデッセイブロック構築で有力だったGUマッドネスト黒コントロールが環境を席巻したが、今年も同じように直前のブロック構築で有力であった白赤サイクリングとゴブリンデッキがこのメタゲームの出発点となった。
 特に白赤サイクリングは森田と黒田も使用し、最終的にはTOP4すべてのプレイヤーが白赤サイクリングを採用していたほどの暴れっぷり。

 その中で「これぞミラディン!」と注目されるデッキを構築したプレイヤーも数は少ないながらも存在した。高知のデッキメーカーである西岡崇はサイドボードに《変幻の杖/Proteus Staff(MRD)》と《ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher(MRD)》とのコンボを用意した白青コントロールデッキを構築し、決勝ラウンドで対戦した黒田をあと一歩というところまで追い詰めた。 白赤コントロールは基本的にコンボデッキの動きを阻害するのは難しいので、このようなコンボデッキは白赤のアンチデッキとしてこれから注目を浴びていくであろう。
 また話題の《等時の王笏/Isochron Scepter(MRD)》でバウンス系のスペルを刻印して、アドバンテージを得るデッキも存在していた。

 さて、スイスドロー6回戦の予選の結果、決勝トーナメントにコマを進めたのは以下の8名。


予選1位:黒田正城(大阪)
白赤サイクリング

予選5位:森田雅彦(大阪)
白赤サイクリング

予選2位:津野文紀(高知)
白赤サイクリング

予選6位:河野淳一(愛媛)
白赤サイクリング

予選3位:野口雄司(高知)
赤黒ゴブリン

予選7位:西森崇(高知)
白青パーミッション

予選4位:本多祐季(愛媛)
赤単ゴブリン

予選8位:西岡崇(高知)
白青パーミッション

決勝トーナメントの結果と寸評。

★ 準々決勝

予選1位:黒田正城(大阪) 2-1 予選8位:西岡崇(高知)

アンチ白赤デッキの白青パーミッションの西岡であったが、正念場の3本目で黒田のプレイングが勝り、西岡あと一歩及ばず。

予選5位:森田雅彦(大阪) 2-0 予選4位:本多祐季(愛媛)

ゴブリンの本多を森田が慌てずコントロール。危なげなく勝利。

予選3位:野口雄司(高知) 0-2 予選6位:河野淳一(愛媛)

野口のゴブリンを河野がシャットアウト。

予選2位:津野文紀(高知) 1-2 予選7位:西森崇(高知)

1時間を越える熱戦であったが、最後は津野の《永遠のドラゴン/Eternal Dragon(SCG)》が決めてとなり勝利。

★ 準決勝

予選1位:黒田正城(大阪) 0-2 予選5位:森田雅彦(大阪)

黒田が2回連続の大事故。森田があくびを噛み殺しながら勝利。

予選6位:河野淳一(愛媛) 2-1 予選2位:津野文紀(高知)

お互いに決め手を欠き、試合は長引いたが津野の1ミスから場が崩壊。河野が勝利。

★ 決勝(決勝のみ時間無制限3本先取)

予選5位:森田雅彦(大阪) 3-0 予選6位:河野淳一(愛媛) 

お互いに引きが尋常ではなく、どのゲームもお互いの場に《稲妻の裂け目/Lightning Rift(ONS)》が毎回複数張られる展開。しかし、河野のデッキに搭載されているミラディンの目玉カードでもある《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum(MRD)》がミラーマッチでは危険カード。自分のメインフェーズにタップアウトしてこのクリーチャーを展開した瞬間に、森田のサイクリングの連射。これによりアドバンテージを得ることの多かった森田が3-0で河野を完封。


準優勝の河野(左)と優勝の森田(大阪)

 なお、MTG高知最強位戦は1997年より毎年行われている高知のプレミアイベント。これまで個人戦のプレミアイベントで優勝経験のなかった森田にとって、初めての個人タイトルが「高知最強位」ということになる。初めての個人タイトル獲得の感想を聞くと森田はテレ笑いしながら「来年も来ます」と語っていた。


★ 2003年度MTG高知最強位戦に特別ゲスト追加(10/9)

 今年の最強位戦の特別ゲストとしてすでに森田雅彦を招待しているが、昨年特別ゲストとして参加していた黒田正城が追加で出場することとなった。
 これに伴い、最強位戦の出場ルールに以下のルールが追加される。「これまで高知最強位戦に特別ゲストで参加していた方は、翌年以降も出場意思があれば出場してもよい。ただし、その場合の与えられるBYEは0である。」