高知M:TGトピックス
2001/11

 

今月のトピックスに戻る

M:TG Topに戻る

Topに戻る

2001/11/15 GP香港のアーティストはJohn Matson
2001/11/15 DCI Reporter Ver2が発表
2001/11/05 Kai Budde、プロツアー5勝目!
2001/11/04 Pro Tour New Orleans Top8のデッキ分析
2001/11/04 2001 Pro Tour New Orleans 2日目
2001/11/03 2001 Pro Tour New Orleans初日の結果
2001/11/03 2001 Pro Tour New Orleans開幕!
2001/11/03 2001 New Orleans Mastersに石田格と藤田剛史が参加
2001/11/03 PT大阪予選の日程発表

GP香港のアーティストはJohn Matson
2001/11/15

 GP香港の会場にやってくるアーティストについてはFact Sheetで発表がなかったが、Tradewind Rider / 貿易風ライダーのイラストで有名なJohn Matsonの模様。香港に行く人はサイン用のカードをお忘れなく。

(参考)インベイジョン以降でのJohn Matsonのカード

7E
 Giant Cockroach / 巨大ゴキブリ
 Levitation / 空中浮遊
 Storm Crow / 嵐雲のカラス
 Trained Armodon / 訓練されたアーモドン
 Tranquility / 平穏

IN
 Horned Cheetah / 有角チータ
 Manipulate Fate / 運命の操作 
 Rage Weaver / 憤怒の織り手
 Zap / 加撃

PS
  Planeswalker's Mirth / プレインズウォーカーの笑い

AP
  Mournful Zombie / 哀しげなゾンビ
 Temporal Spring / 時間の泉

OD
 Crypt Creeper / 墓所を歩くもの
 Fledgling Imp / 巣立つインプ
 Nantuko Mentor / ナントゥーコの導師

トピックスに戻る

 

DCI Reporter Ver2が発表
2001/11/15

 DCI公認トーナメントを円滑に運営する為のToolであるDCI ReporterがVer2にバージョンアップした。現在のトーナメントの実情に合わせたバージョンアップといえるもので、ペナルティガイドラインの修正、ミニトーナメントから日本選手権などのようなマルチフォーマットの対応が主なもの。現在はVer2.04が公開されている。
 なお、このVer2をベースにして日本語化が進められている。

→ DCI Reporterの開発元

トピックスに戻る

 

Kai Budde、プロツアー5勝目!
2001/11/05

 決勝トーナメントはYMGがKai Buddeを食い止める事が出来るのか?という点に集まったのではないであろうか?しかし、準々決勝のDarwin Kastle、準決勝のDavid Humpherys共に3タテ食らって轟沈。Kai Buddeの強さを引き立てただけになってしまった。
 決勝戦はフィンランドのTomi Walamiesとのヨーロッパ対決。デッキの相性的に苦戦を強いられるKai Buddeであったが、しっかり最後は予定調和的に3-2で勝利。これでプロツアー5勝目である。(世界選手権を含む)

 Kai BuddeとJon Finkelのどっちが強い?という論争に終止符を打たざるを得ないだろう。的確なデッキ選択、正確なプレイ、そしてここぞという引き。もう誰がなんと言おうと、史上最強のデュエリストである。

 次回のプロツアーファンタジーはこの怪物+ポイント0を7名が一番固い選択なのかもしれない。

→Finals: Kai Budde vs. Tomi Walamies (英語)
→Semifinal: Kai Budde vs. David Humpherys(英語)
→Quarterfinal: Benedikt Klauser vs. Tomi Walamies
→Quarterfinal: Kai Budde vs. Darwin Kastle

トピックスに戻る

 

Top8のデッキ分析
2001/11/04

 Top8のデッキリストが発表されている。これらのデッキリストは、これから始まるエクステンデッドのシーズンのメタゲームを考えるのに良い資料になると考えられる。さぁ、3月に大阪に行きたい人は絶対チェック!

注) 解説はデュエル素人の自分なので、話半分で聞いてね(^^;

★ Donate Illusions

 エクステンデッドではもうおなじみのコンボ、Illusions of GrandeurとDonate / 寄付のコンボデッキ。Dark Ritual/暗黒の儀式で禁止で速度を失い、Necropotence/ネクロポーテンスとDemonic Consusltationの禁止によって安定性を失いながらも、まだまだ現役。
 予選3位のKai Buddeと8位のBenedict Klauserのデッキ構成はまったく同じ。禁止カード前のバージョン(昨年のGP京都前後)に比べて、サポートの色が黒から赤に変更されている。とはいえ、メインに投入されている赤いカードはFire / Iceのみ。主に赤はサイド後のクリーチャー対策と言える。
 黒のLIB操作を失っているが、青の強力なLIB操作はコンボの味方。 Intuition、Merchant Scroll、Accumulated Knowledgeの3種のLIB操作呪文でコンボ完成を目指す。特にIntuitionからのAccumulated Knowledgeの動きは、今回のPTでよく使われた序盤の動きだった模様。
 なお、サイド後は「Come into Win」とも言われるMorphlingによるビートダウンモードも備えている。この辺は黒バージョンだったPhyrexian Negatorモードを思い出させるものである。

3rd Kai Budde
8th Benedict Klauser
Donate Illusions
Main Deck
Sideboard
14 Island 4 Accumulated Knowledge 1 Hibernation
4 Shivan Reef 2 Brainstorm 2 Hydroblast
4 Volcanic Island 1 Capsize 3 Morphling
4 Counterspell 4 Pyroblast
4 Donate 3 Pyroclasm
3 Fire / Ice 2 Stroke of Genius
4 Force of Will
4 Illusions of Grandeur
1 Impulse
3 Intuition
4 Merchant Scroll
4 Sapphire Medallion

★ Rreanimator (Benzo)

 オデッセイ参入後に強豪チームのYMGが作り上げた新型デッキ。デッキデザイナーはYMGのRob Dougherty。彼のインタビューもSBに掲載されているのでチェック。
 動きはZombie Infestationを張り、墓地と相性の良いSquee, Goblin NabobやKrovikan Horrorによりカードアドバンテージを失うことなくブロッカーでもありアタッカーのゾンビトークンを生産。たまにはMultani, Maro-SorcererやAvatar of Woeなどの大型クリーチャーを捨ててリアニメートする昔ながらの戦術も搭載している。同じチームメイトの Darwin KastleとDavid Humpherysのデッキは基本構成は同じであるが、大型クリーチャーの種類に違いがみられる。
 サイド後はシークレットテクニックでもある汚染ロックが光る。しかし、デッキ内容がばれてしまった決勝トーナメントではどうなるか?今、一番注目を浴びているデッキである。

6th Darwin Kastle
Reanimator (Benzo)
Main Deck
Sideboard
21 Swamp 1 Animate Dead 1 Ascendant Evincar
4 Buried Alive 1 Ashes to Ashes
1 Avatar of Woe 1 Contamination 1 Bone Shredder
1 Crosis, the Purger 4 Duress 3 Coffin Purge
2 Krovikan Horror 4 Entomb 2 Contamination
1 Multani, Maro-Sorcerer 4 Exhume 2 Massacre
1 Nether Spirit 1 Massacre 1 Null Rod
1 Squee, Goblin Nabob 4 Reanimate 1 Perish
1 Verdant Force 4 Vampiric Tutor 3 Phyrexian Negator
4 Zombie Infestation

7th David Humpherys
Reanimator (Benzo)
Main Deck
Sideboard
3 Rishadan Port 2 Animate Dead 1 Ascendant Evincar
19 Swamp 3 Buried Alive 1 Avatar of Woe
1 Contamination 1 Bone Shredder
1 Avatar of Woe 4 Duress 3 Coffin Purge
2 Krovikan Horror 4 Entomb 2 Contamination
1 Multani, Maro-Sorcerer 4 Exhume 2 Massacre
1 Nether Spirit 1 Massacre 1 Null Rod
1 Squee, Goblin Nabob 4 Reanimate 1 Perish
1 Verdant Force 4 Vampiric Tutor 2 Phyrexian Negator
4 Zombie Infestation 1 Terror

★ Counter-Oath

 オデッセイで追加されたコンボデッキの天敵カードの摘出 / ExtractはOathにどのように影響を与えたか?と興味がもたれたが、どっこいOathはTop8に生き残った。それ以前にExtractがどれだけ暴れたか疑問。少なくてもTop8に入ったデッキリストの中にはExtractは見当たらない。
 クリーチャーデッキに対して優位に立てるOathは似た構造のTurbo-Landと共に今の環境のメタゲームの中心に居座っていたのであった。

5th Jelger Wiegersma
Counter-Oath
Main Deck
Sideboard
4 Flood Plain 4 Accumulated Knowledge 1 Circle of Protection: Red
2 Savannah 4 Brainstorm 1 Crater Hellion
3 Treetop Village 4 Counterspell 2 Morphling
4 Tropical Island 4 Enlightened Tutor 1 Pernicious Deed
4 Tundra 4 Force of Will 4 Pyroblast
1 Underground Sea 2 Gaea's Blessing 1 Seal of Cleansing
3 Volcanic Island 2 Oath of Druids 1 Swords to Plowshares
3 Wasteland 1 Overgrown Estate 4 Wrath of God
1 Powder Keg
1 Morphling 2 Seal of Cleansing
1 Spike Feeder 3 Swords to Plowshares
1 Spike Weaver 1 Sylvan Library
1 Wild Research

★ Secret Force

 Oathをエクステンデッドのメタゲームから切る事が出来れば、このタイプのデッキは有りかもしれないと言われていたタイプ。リセットボタンを8枚装備と汎用性を高めているのが特徴。メインのエンチャント対策がエルフのElvish Lyristではなくて、ドルイドのDruid Lyristであるのがちょっと渋い。

4th Raphael Gennari
Secret Force
Main Deck
Sideboard
4 Bayou 4 Duress 3 Choke
4 Forest 4 Natural Order 4 Emerald Charm
3 Llanowar Wastes 4 Nevinyrral's Disk 1 Engineered Plague
5 Swamp 4 Pernicious Deed 3 Masticore
4 Treetop Village 2 Phyrexian Furnace
4 Wasteland 2 Spike Feeder
2 Druid Lyrist
2 Fyndhorn Elves
3 Llanowar Elves
4 River Boa
2 Spike Feeder
2 Spiritmonger
1 Verdant Force
4 Wall of Blossoms

★ Three-Deuce

 これぞエクステンデッド的なデッキ。緑赤白の優秀な低マナクリーチャーとSpellでビートダウン。Landの枚数も19枚。それもすぐに使って無くなってしまう事が予想されるWastelandを含んでの数字。まさに速攻命!デュアルランドのSavannah、Taigaは森であることを利用したLand Grantなどで十二分にマナを確保しながらデッキ圧縮も出来るのが渋い。

2nd Anton Jonsson
Three-Deuce
Main Deck
Sideboard
4 Plateau 4 Call of the Herd 2 Dwarven Miner
4 Savannah 3 Cursed Scroll 3 Powder Keg
4 Taiga 4 Land Grant 4 Pyroblast
3 Treetop Village 4 Rancor 4 Sanctimony
4 Wasteland 4 Seal of Cleansing 2 Wax
4 Swords to Plowshares
2 Elvish Lyrist 2 Wax
4 Granger Guildmage
4 Mogg Fanatic
4 River Boa
2 Skyshroud Elite

★ WUG-Control

 古典的な白青パーミッションデッキにGaea's Blessingを加えたデッキ。それほど目立ったギミックは無いものの、オデッセイから採用されたCall of the Herdがブロッカーにアタッカーに良い働きをした事が予想される。
  また、Gaea's BlessingとFact or Fictionの組み合わせは地味なコンボではあるが、長期戦向きなこのデッキには良く似合っている。Donate Illusions、Oath、クリーチャー打撃などのエクステンデッドを代表するそれぞれのデッキに対して、それなりの抵抗力を持っていることは見逃せない。予選ラウンド1位は伊達じゃない。

1st Tomi Walamies
WUG-Control
Main Deck
Sideboard
3 Adarkar Wastes 3 Brainstorm 1 Call of the Herd
3 Flood Plain 3 Call of the Herd 3 Circle of Protection: Red
1 Plains 4 Counterspell 2 Devout Witness
4 Savannah 4 Fact or Fiction 2 Hydroblast
4 Tropical Island 1 Forbid 1 Intuition
4 Tundra 4 Force of Will 2 Powder Keg
2 Wasteland 2 Gaea's Blessing 2 Rootwater Thief
4 Impulse 1 Seal of Cleansing
1 Morphling 1 Intuition 1 Swords to Plowshares
3 Seal of Cleansing
3 Swords to Plowshares
3 Tithe
3 Wrath of God

→Top8のデッキリスト
→Decklists A-H

トピックスに戻る

 

2001 Pro Tour New Orleans 2日目
2001/11/04

 2日目に残った日本勢であるが、残念ながら苦戦を強いられ、今回のTop8は実現しなかった。2日目に残った日本勢の最終成績は以下のとおり。

Rank
Player
Points
Op.Win%
43
Ishida, Itaru (JP )
26
54.76%
48
Fujita, Tsuyoshi (JP )
25
55.33%
79
Kato, Kazuki (JP )
22
54.08%
87
Nagaoka, Takayuki (JP )
21
56.97%


 さて、今回注目のデッキはZombie Infestationを核にしたデッキで、Ashen Ghoul、Krovikan Horror、Squee, Goblin Nabobなど墓地に叩き落す事と相性の良いクリーチャーとの連携がキー。また、Zombie Infestationはリアニメート戦略とも相性が良く、オデッセイからのカードでエクステンデッドに一番影響を与えたカードといえるであろう。

 さて、今回の上位陣は以下のとおり。(Top8の名前の下は使用デッキType)

Rank
Player
Points
Op.Win%
1
Walamies, Tomi (FI)
WUG-Control
36
61.67%
2
Jonsson, Anton (SE)
Three-Deuce
34
59.77%
3
Budde, Kai (DE)
Donate Illusions
33
61.53%
4
Gennari, Raphael (CH)
Secret Force
32
62.11%
5
Wiegersma, Jelger (NE)
Counter-Oath
32
61.90%
6
Kastle, Darwin (US)
Rreanimator (Benzo)
32
61.05%
7
Humpherys, David (US)
Rreanimator (Benzo)
32
54.27%
8
Klauser, Benedikt (AT)
Donate Illusions
31
64.97%
9
Rush, Gary (US)
31
61.51%
10
Sorino, Roger (US)
31
59.66%
11
Lyons, Bryan (US)
31
56.77%
12
Guevin, Thomas (US)
31
56.12%
13
Dougherty, Robert (US)
30
64.29%
14
Hegstad, Brian (US)
30
63.95%
15
Kibler, Brian (US)
30
61.90%
16
Harvey, Eugene (US)
30
57.23%
17
Lebedowicz, Osyp (US)
30
55.35%

 決勝の組み合わせは、Tomi Walamies vs. Benedikt Klauser、 Raphael Gennari vs. Jelger Wiegersma、Aanton Jonsson vs. Dave Humpherys、 Kai Budde vs. Darwin Kastleの組み合わせとなる。怪物Kai Buddeの今季PT2勝目・・・てーか、連覇があるのか!?否か!?もしも、彼が優勝すればPT5勝目となる。

 なお、今回のPTでは、何度も不適当なプレイ、贈賄の未遂と、2件のDQが発表となっている。

→Top8のデッキリスト

→Decklists A-H

以下はSBの記事から日本語版を抜粋
→Round 8: Daniel Clegg vs. Ben Rubin
→Round 9: Robert Dougherty vs. Kai Budde
→Round 9: Alex Shvartsman vs. Scott Johns
→Round 10: 石田格 VS Lucas Hager
→Round 10: Darwin Kastle vs. Brian Hegstad
→Round 11: Darwin Kastle vs. Jelger Wiegersma
→Round 12: Chris Pikula vs. Patrick Chapin
→Round 14: Kai Budde vs. Brian Hegstad
→Round 14: Robert Dougherty vs. David Humpherys

トピックスに戻る

 

2001 Pro Tour New Orleans 2日目
2001/11/04

 2日目に残った日本勢であるが、残念ながら苦戦を強いられ、今回のTop8は実現しなかった。
 今回注目のデッキはZombie Infestationを核にしたデッキで、Ashen Ghoul、Krovikan Horror、Squee, Goblin Nabobなど墓地に叩き落す事と相性の良いクリーチャーとの連携がキー。また、Zombie Infestationはリアニメート戦略とも相性が良く、オデッセイからのカードでエクステンデッドに一番影響を与えたカードといえるであろう。

 さて、今回のTop8は以下のとおり。

Rank
Name
Deck

1

Tomi Walamies
blue-white-green control
2
Anton Jonsson
?
3
Kai Budde
Illusions-Donate
4
Raphael Gennari
Secret Force
5
Jelger Wiegersma
Oath
6
Darwin Kastle
Benzo-Deck
7
David Humpherys
Reanimator
8
Benedikt Klauser
Illusions-Donate

 決勝の組み合わせは、Tomi Walamies vs. Benedikt Klauser、 Raphael Gennari vs. Jelger Wiegersma、Aanton Jonsson vs. Dave Humpherys、 Kai Budde vs. Darwin Kastleの組み合わせとなる。怪物Kai Buddeの今季PT2勝目・・・てーか、連覇があるのか!?否か!?

 なお、今回、1つのマッチで何度も不適当なプレイをしたとして1名のプレイヤーがDQとなっている。

→Decklists A-H

以下はSBの記事から日本語版を抜粋
→Round 8: Daniel Clegg vs. Ben Rubin
→Round 9: Robert Dougherty vs. Kai Budde
→Round 10: 石田格 VS Lucas Hager
→Round 11: Darwin Kastle vs. Jelger Wiegersma

 

トピックスに戻る

 

2001 Pro Tour New Orleans初日の結果
2001/11/03

 初日の結果、114位までの方が2日目に進出となった。気になる日本勢であるが、長岡崇之、藤田剛史、加藤一貴、石田格の4名が2日目に進出となっている。


→R7までの結果

★ 初日15pt以上の方

Rank
Player
Points
Op.Win%
1
Dougherty, Robert (US)
21
65.30%
2
Wiegersma, Jelger (NE)
21
59.86%
3
Hegstad, Brian (US)
19
63.60%
4
Gennari, Raphael (CH)
19
61.90%
5
Odegaard, Oyvind (NO)
18
67.34%
6
Guevin, Peter (US)
18
65.30%
7
Walamies, Tomi (FI)
18
63.12%
8
Klauser, Benedikt (AT)
18
62.24%
9
Budde, Kai (DE)
18
61.83%
10
Davis, Brian (US)
18
61.33%
11
Pikula, Chris (US)
18
59.45%
12
Harvey, Eugene (US)
18
59.29%
13
Reinhardt, Fabio (DE)
18
57.82%
14
Cuneo, Andrew (US)
18
55.71%
15
Jonsson, Anton (SE)
18
52.04%
16
Lebedowicz, Osyp (US)
18
51.29%
17
Rush, Gary (US)
16
68.02%
18
Larkin, John (IR)
16
64.89%
19
Nassif, Gabriel (FR)
16
59.86%
20
Hubble, Bryan (US)
16
58.77%
21
Chong, Rick (US)
16
56.46%
22
Kastle, Darwin (US)
16
55.44%
23
Malka, Sol (US)
16
54.42%
24
Hager, Lucas (US)
16
54.24%
25
Magid, Jeff
16
51.81%
26
Wolkoff, Nikolaj (DK)
16
51.02%
27
Menard, Antoine (FR)
16
50.34%
28
Tamber, Tobey (US)
15
69.84%
29
Finkel, Jon (US)
15
64.96%
30
Kibler, Brian (US)
15
63.94%
31
Van der Velden, Stan (NE)
15
62.92%
32
Vabulas, Peter (US)
15
61.90%
33
Tice, Doug (US)
15
61.22%
34
Sousa, Luis (PT)
15
61.22%
35
Sorino, Roger (US)
15
60.81%
36
Soots, Christopher (US)
15
60.54%
37
Nagaoka, Takayuki (JP )
15
59.86%
38
Johnson, Andrew (US)
15
58.43%
39
Chapin, Patrick (US)
15
57.82%
40
Karsten, Frank (NE)
15
55.78%
41
Frank, Joel (US)
15
54.69%
42
Gilson, Frank (US)
15
52.24%
43
Moshiashwili, Aaron (US)
15
51.29%

★ 今回参加の日本勢

Rank
Player
Points
Op.Win%
37
Nagaoka, Takayuki (JP )
15
59.86%
45
Fujita, Tsuyoshi (JP )
13
68.70%
48
Kato, Kazuki (JP )
13
63.60%
71
Ishida, Itaru (JP )
13
55.44%
142
Fujita, Osamu (JP )
12
43.06%
143
Okamoto, Jin (JP )
12
41.49%
145
Nakatani, Haruki (JP )
12
37.00%
156
Nakamura, Satoshi (JP )
10
51.02%
166
Shimada, Masatake (JP )
10
43.24%
178
Ueta, Hiroki (JP )
9
54.08%
197
Murakami, Norichika (JP )
9
48.29%
207
Ikeda, Tsuyoshi (JP )
9
44.82%
208
Hirabayashi, Kazuya (JP )
9
44.44%
224
Ikeda, Kei (JP )
7
51.29%
227
Itani, Hiroshi (JP )
7
50.00%
286
Michihisa, Onoda (JP )
4
50.66%
310
Kimura, Toru (JP )
3
51.70%
341
Morita, Katsunobu (JP )
0
47.91%

→2001 Pro Tour New Orleans Coverage
  →Round 3: 石田格 vs. Alex Borteh
  →Round 4: Brian Davis vs. Tobey Tamber (Japanese)
  →Round 4: Gary Wise VS Raphael Levy
  →Round 5: 石田格 vs. Dan Clegg
  →Round 5: 中村聡 VS Alex Borteh

 

トピックスに戻る

 

2001 Pro Tour New Orleans開幕!
2001/11/03

 11/2よりプロツアー・ニューオリンズが開幕した。フォーマットはエクステンデッド。今回のプロツアーは例の9/11の同時テロなどの影響で参加人数の減少が危ぶまれたものの、355名のデュエリストが参加となっている。
 現在(日本時間11/3 10:00)の時点でゲームは初日の終盤を進行中の模様。初日は7回戦の予定。13pt以上(4勝2敗1分以上)の方が2日目に進出となる。


→R6までの結果

★ 6回戦終了時点で15pt以上の方

Rank
Player
Points
Op.Win%
1
Dougherty, Robert (US)
18
66.66%
2
Odegaard, Oyvind (NO)
18
64.81%
3
Walamies, Tomi (FI)
18
58.70%
4
Wiegersma, Jelger (NE)
18
56.48%
5
Rush, Gary (US)
16
67.59%
6
Hegstad, Brian (US)
16
65.74%
7
Gennari, Raphael (CH)
16
54.62%
8
Guevin, Peter (US)
15
72.22%
9
Tamber, Tobey (US)
15
70.00%
10
Kibler, Brian (US)
15
64.81%
11
Davis, Brian (US)
15
64.81%
12
Budde, Kai (DE)
15
64.07%
13
Finkel, Jon (US)
15
63.88%
14
Sorino, Roger (US)
15
62.22%
15
Larkin, John (IR)
15
62.22%
16
Klauser, Benedikt (AT)
15
62.03%
17
Pikula, Chris (US)
15
61.29%
18
Tice, Doug (US)
15
61.11%
19
Vabulas, Peter (US)
15
61.11%
20
Harvey, Eugene (US)
15
59.25%
21
Sousa, Luis (PT)
15
59.25%
22
Van der Velden, Stan (NE)
15
58.33%
23
Soots, Christopher (US)
15
58.33%
24
Chong, Rick (US)
15
56.48%
25
Nagaoka, Takayuki (JP )
15
55.55%
26
Reinhardt, Fabio (DE)
15
55.55%
27
Cuneo, Andrew (US)
15
53.88%
28
Jonsson, Anton (SE)
15
50.92%
29
Moshiashwili, Aaron (US)
15
48.33%

★ 今回参加の日本勢

Rank
Player
Points
Op.Win%
25
Nagaoka, Takayuki (JP )
15
55.55%
46
Fujita, Tsuyoshi (JP )
12
75.92%
52
Kato, Kazuki (JP )
12
63.88%
64
Ishida, Itaru (JP )
12
57.40%
105
Fujita, Osamu (JP )
12
38.33%
126
Nakamura, Satoshi (JP )
10
50.00%
133
Shimada, Masatake (JP )
10
40.92%
163
Ueta, Hiroki (JP )
9
52.77%
172
Murakami, Norichika (JP )
9
50.92%
190
Hirabayashi, Kazuya (JP )
9
44.44%
195
Ikeda, Tsuyoshi (JP )
9
42.77%
200
Okamoto, Jin (JP )
9
38.88%
202
Nakatani, Haruki (JP )
9
37.22%
228
Ikeda, Kei (JP )
6
56.66%
285
Michihisa, Onoda (JP )
4
50.00%
288
Itani, Hiroshi (JP )
4
47.22%
299
Kimura, Toru (JP )
3
55.55%
342
Morita, Katsunobu (JP )
0
47.91%

→2001 Pro Tour New Orleans Coverage
  →Round 2: 藤田剛史 vs. Pierre Malherbaud

以下は写真

→Dan Clegg and Itaru Ishida in a round 5 feature match.
→Satoshi again, doesn't he look regal?
→Itaru Ishida and Alex Borteh. I wonder what Meddling Mage is naming?
→Itaru Ishida, deep in thought.
→Tsuyoshi Fujita in a round 2 feature match

 

トピックスに戻る

 

2001 New Orleans Mastersに石田格と藤田剛史が参加
2001/11/03

 参加できるだけで賞金20万円以上確定の夢のトーナメント。それがマスターズ。マスターズはプロツアーのサイドイベントとして行われている。今回のプロツアー・ニューオリンズでもそのマスターズが行われている。フォーマットはオデッセイのシールド+ブースタードラフト。
 この今回のマスターズには日本から石田格と藤田剛史の2名が参加。石田はゲートウェイ(一般参加枠)で「素人にはお勧めできない」、「真空波動拳」を William Jensenに叩き込む活躍などで見事に突破。

 しかし、本戦では残念ながら石田、藤田ともに1回戦で敗北となった。

→2001 New Orleans Masters Coverage
  →Gateway 準決勝: 石田格 vs. William "Baby Huey" Jensen
  →Round 1: 石田格 VS Antoine Ruel

トピックスに戻る

 

PT大阪予選の日程発表
2001/11/03

 ゲームぎゃざ12月号にPT大阪予選の日程が発表となっている。今回の予選は多くの方が参加できるようにこれまで以上に開催場所が増加している。

開催日
予選名
会場(地図や詳細にリンク)
2001/12/01
東京1次予選
2001/12/08
大阪1次予選
2001/12/08
京都予選

2001/12/16

仙台予選
2001/12/23
福岡予選
2002/01/05
大阪2次予選
2002/01/05
広島予選
2002/01/05
四国予選
2002/01/12
宇都宮予選
2002/01/12
名古屋予選
2002/01/13
札幌予選
2002/01/17
大阪3次予選
2002/01(未定)
東京2次予選
会場未定

 予選のフォーマットはエクステンデッド。参加費は\2000。参加希望の方はそれぞれの開催日の10日前までにDCIジャパンまでに参加申し込み葉書(ゲームぎゃざや店頭で配布)で申し込み。参加は何度でも出来ます。
  なお、今回の予選は場所によって招待枠が1名の場所と2名の場所とあるのでご注意。(京都、宇都宮、四国、札幌は1名枠。大阪に関しては現在調整中)  

トピックスに戻る