高知M:TGトピックス
2001/10

 

今月のトピックスに戻る

M:TG Topに戻る

Topに戻る

2001/10/28 GPT仙台-大阪の会場が変更
2001/10/28 2001-2002 DCI Rules発表
2001/10/24 GP香港へ四国からも数人が参加
2001/10/24 2002年度MTG高知最強位戦について
2001/10/14 GP静岡速報!
2001/10/12 金民守に出場停止処分
2001/10/11 GP静岡の前にチェック!
2001/10/09 2001年度MTG高知最強位戦速報
2001/10/07 2001年度MTG南海覇王戦速報
2001/10/05 2001年度MTG南海覇王戦出場者一覧
2001/10/03 斎藤友晴に18ヶ月の出場停止処分
2001/10/03 GP静岡の参加人数は?
2001/10/01 年度MTG高知最強位戦出場者決定
2001/10/01 オデッセイ・AP、NDのパッチ
2001/10/01 オデッセイ発売
2001/10/01 上田裕樹がプロツアー出場へ
2001/10/01 第55回MTG高知公式大会の結果

 

GPT仙台-大阪の会場が変更
2001/10/28

 現在、GP仙台のパンフレットが配布されているが、それに記載されているGPT仙台-大阪の会場が変更となっているのでご注意。

(誤)淀川区民センター(阪急十三駅より徒歩10分)
(正)港区民センター(JR弁天町駅より徒歩10分)

↓GPT仙台のスケジュール

●仙台1次
10月28日(日)
受付時間:9:30〜10:00
会場:早稲田13時ホール(地下鉄五橋駅より徒歩3分)
●札幌
11月4日(日)
受付時間:9:30〜10:00
会場:かでる2.7(JR札幌駅より徒歩10分)

●東京2次
11月17日(土)
受付時間:12:00〜12:30
会場:DCIジャパントーナメントセンター

●大阪
11月23日(祝)
受付時間:9:30〜10:00
会場:港区民センター(JR弁天町駅より徒歩10分)


●仙台2次
12月14日(金)※グランプリ前日に開催
受付時間:10:30〜11:00
会場:メイフェアプラザ仙台ワッセ(地下鉄八乙女駅より徒歩7分)

→グランプリ仙台トライアルトーナメントのご案内

→グランプリ仙台の詳細

トピックスに戻る

 

2001-2002 DCI Rules発表
2001/10/28

 いつもならば9月には発表されていた次シーズンのフロアルールやペナルティガイドラインなどが、ついに発表された。このルールの発効は2001/11/1より。これによりPT-ニューオリンズはこの新しいルールに基づいて行われる事になる。

 旧フロアルールからの変更点で重要と思われる点をピックアップ。


プレス(報道)に関して、その観戦についての権利が明記された。

Rel3以上のトーナメントでは対戦者のデッキのシャッフルが義務化された。Rel1-2でもヘッドジャッジが宣言する事により義務化することが出来る。

PTQ(招待枠1名)の決勝戦でDorpする事ができる。この場合、マッチを行わずに2位となり、DCIポイントの変動は起こらない。

ゲーム中のメモに関して制限が解除された。ただし、メモを取る事において時間がかかり過ぎるのはペナルティの対象となる。

シールド戦、ブースタードラフト、ロチェスタードラフトについてこれまで以上に詳しく明記された。

時間の許す限りマッチの決着をつけるようになった。例えば、1-1で迎えた3本目で引き分けになった場合、4本目のゲームを行う事になる。

サイドボードの置き場を隠してはいけない。

シールド戦での土地の交換は5枚まで交換ではなくて無制限に変更された。


 思った以上に変わっています。ペナルティガイドラインは後にチェックしますが、あまり変わっていません。

・・・あ、Harry Potter Floor Rulesも発表されてる。(^^;

→2001-2002 DCI Rules
 →Changes to the 2001-2002 Floor Rules(Wordファイル)
 →2001-2002 Universal Tournament Rules(Wordファイル)
 →2001-2002 Penalty Guidelines(Wordファイル)
 →2001-2002 Magic: The Gathering Floor Rules(Wordファイル)

 

トピックスに戻る

 

GP香港へ四国からも数人が参加
2001/10/24

 11/17-18に香港で行われるGP香港であるが、四国からも何人から参加希望を表明している。自分が聞いている限り5名+α。ちなみに、GP静岡には四国からは3名ほどの参加であった事を考えると驚きの数字である。(^^; 四国からは静岡よりも香港が近いらしい!?

 なお、ジャッジとして自分も参加予定。美味いもの食えるといいな。(#^.^#)

 あ、SideイベントとしてGP仙台のトライアルもある模様。優勝者には1BOXと書いてあったりして。2日目に残るのに自身の無い人はエクテンのデッキを持っていくと吉。(おい)

→GP香港の詳細

→格安航空券のアルキカタ・ドット・コムホームページ
 

トピックスに戻る

 

2002年度MTG高知最強位戦について
2001/10/24

 11月よりMTG高知公式大会は2002年度シーズンを迎えます。もちろん、2002年度もシーズン締めくくりの10月には例年恒例の「MTG高知最強位戦」を行う予定としています。2002年度の最強位戦についてお知らせいたします。

開催日:
 2002年10月吉日

フォーマット:
 その時点での公式スタンダード 予選ラウンド5〜7回戦+上位8名による決勝トーナメント

出場資格:
 ・2001年度MTG高知最強位 斎藤力
 ・2001/11〜2002/10に開催されたA大会での上位8位までの経験者

予選ラウンドの獲得Bye(Byeは重複しません) :
 ・Bye2
   2001年度最強位の斎藤力
   2001/11〜2002/10に開催されたA大会での複数回優勝の方
 ・Bye1
  2001/11〜2002/10に開催されたA大会での優勝の方
  2001/11〜2002/10に開催されたA大会での上位8位以内入賞が4回以上の方

参加費用:
 検討中

優勝商品:
 MTGブースター数箱相当品

 なお、今シーズンから一般大会であるA大会と初心者向け大会であるB大会を明確に区分けし、B大会は最強位戦出場に関与しない事といたしますので、ご了承お願いいたします。

トピックスに戻る

 

GP静岡速報!
2001/10/14

 10/13-14に静岡で行われたGP静岡は705名の参加者で行われた。フォーマットはオデッセイ・リミテッド。初日にシールド戦、2日目はロチェスタードラフトである。

 今回はフランスからOlivier Ruelが参戦。何でも、マスターズに出場する為にプロツアーポイントを稼ぎにきたのだとか。しっかり4位に食い込み、プロツアーポイント4点をGET。ノルマ達成 (^^;

 さて、 優勝は東京の山田屋耕平。 日本のGPでアマチュアプレイヤー(プロツアーポイントをこれまで獲得した事が無い)が制したのはこれが初めてである。
  彼の決勝戦でのデッキは「Aboshan, Cephalid Emperor / セファリッドの皇帝アボシャン」「Iridescent Angel / 玉虫色の天使」「Stone-Tongue Basilisk / 石舌のバジリスク」の三大レア怪獣が暴れまくるデッキ。 これらレア怪獣が次々強豪デュエリストを屠り、彼にGP静岡チャンピオンの称号を与えたのであった。

→2001 Grand Prix Shizuoka Coverage

→最終順位

・山田屋優勝への軌跡

Round 14: 山田屋 耕平 vs 星野 裕亮
Quarterfinal: 森勝洋 vs 山田屋耕平
Quarterfinal: 準決勝 山田屋耕平 vs. Olivier Ruel
Finals: 決勝 森田雅彦 vs. 山田屋耕平

 

トピックスに戻る

 

金民守に出場停止処分
2001/10/12

 サイドイベントでのドラフト戦で金民守が行ったカード持込についての処分が、10/12(シアトル時間10/11)に発表された。出場停止期間は3年間。なお、この決定はGP静岡にも適用される。

Kim Min-Su
DCI#: 22515030
Yokohama, Japan
Suspension: 10/9/01 to 10/9/04
Infraction: Adding cards to sealed deck

→Suspended DCI Members

 不正行為はサイドイベントであろうとも、決して許されるものではないのである。

トピックスに戻る

 

GP静岡の前にチェック!
2001/10/11

1) デッキチェックシートの書き方

 今回のGPも大変多くの参加者が来られる事が予想されます。リミテッド戦のデッキ登録は構築戦のデッキ登録用紙とは若干違ってデッキチェックシートと呼ばれるものを使用します。


  まずは、デッキチェック。これは、自分が使うパックではなくて、人が使うはずのパックをあらかじめチェックするものです。(時間制限は普通20分)
  バリバリパックを剥いたら、規定の枚数があるかを数えてから、入っていたカードをガシガシデッキチェックシートに書き込みましょう。例えば・・・「聴罪司祭」は0枚、「美徳の巡礼者」は1枚、「正義の巡礼者」は2枚というパックであれば、以下のように「Total」の欄に数字でその枚数を書き込みます。

なお、正の字で書くのは禁止です。アラビア数字で書きましょう

Card名
Played
Total
聴罪司祭
 
 
美徳の巡礼者
 
1
正義の巡礼者
 
2

 次に自分が使うパックを貰ったらデッキ構築です。このデッキ構築とはメインデッキの事であり、マッチの最初のゲームで必ず使うデッキの事です。その内容は今度はPlayedに書き込むのです。
Card名
Played
Total
聴罪司祭
 
 
美徳の巡礼者
1
1
正義の巡礼者
1
2

 上の例では美徳の巡礼者をメインデッキに1枚、サイドに0枚、正義の巡礼者はメインに1枚、サイドに1枚という事を表しています。わかりますか?


 さて、大抵の人がつまづくのは基本地形の部分です。

 シールド戦の場合、基本地形は5枚まで交換が出来ます。上の場合、Totalは普通基本地形は5種6枚づつの30枚が入っていますが、Foilの基本地形がパックに入っていた場合はその限りではありません。(この場合は森) ここまではデッキチェックの人が書く部分ですね。

 デッキ構築で書く場合は、先のSpellと同じようにPlayedの欄に書き加えるのですが、これは最終的に土地の交換を済ませた状態の枚数を書き込んでください。
  InとOutの欄は土地に交換に関する場所です。Inが追加の土地の枚数、Outが逆に提出した枚数です。

Card名
Played
In
Out
Total
平地
8
2
 
6
 
 
4
6
 
1
 
6
2
 
 
6
8
1
 
7

 

 この例の場合は、追加で平地と沼と森で追加の4枚の基本地形を貰って、その代わりに島を4枚提出する事を示しています。沼はメインでは使いませんが、サイドボード後に使う事を想定して1枚追加で貰っていますね。

 Spellのカードはメイン+サイド=Totalの枚数となるのですが、基本地形のみ追加のカードの関係でメイン+サイド=Totalの必要はありません。デッキ構築者の方は基本地形のTotalの欄は気にすることは無いのです。


(重要)書き間違えた場合

 大切な事ですが、書き間違えた場合は勝手に訂正しないでください。近くのジャッジを呼んで訂正してもらう必要があります。勝手な書き換えは不正の可能性があるので、ジャッジが確認する必要があるのです。勝手に書き換えた場合はペナルティを受ける可能性があります。


2) もしも屑パックを引いたも・・・

 リミテッド戦、それもシールド戦となると少しでも良いパックを引きたいと思うのは、誰でも同じ。それだけ有利になりますからね。しかし、世の中は誰かが貧乏くじを引く事もあるわけで、そんなパックを引いてしまったら、はだしで家に逃げ帰りたい気持ちは良くわかります。
 しかし、リミテッド戦に参加したら、最初のマッチは必ず戦う必要があるのです。以下、トーナメントルールから抜粋。

64. 早期の退席
限定形式トーナメントのプレイヤーが未開封の製品を受け取ったならば、最初のマッチの前にイベントを棄権することはできない。この規則に違反した参加者は、公式のトーナメントの記録上ではマッチの敗北になり、(その対戦相手がマッチの勝利を得る)トーナメントから除外される。

 じゃぁ、Bye持ちのプレイヤーが「ひぃぃ、屑パックを渡された!勝てない!」といった場合、1回戦は彼はByeなわけで、これは「最初のマッチ」にカウントして2回戦以降をDrop出来るのでしょうか?この問題に対して、 DCIポリシーマネージャーのChris Zantidesはこう答えました。

A player with a bye cannot withdraw early from an event (he or she can after round 1, but not before - they will take a loss)

This is to stop people from just turing up and using tournaments as an excuse to buy product, imagine a prerelease where this rule was not enforced - many people would drop before the sealed deck swap was done.

Tournaments are a place to play, not a place to purchase product from.

意訳すると
「敵前逃亡は許さん」

 現実に1回は戦う必要があるとのことです。不幸にも希望の良いパックを引く事が出来なかった場合は、「男なら戦って戦って死ぬべきではないでしょうか?(By 古代守)」 「進むか戻るか迷った時は進めと教えられた(By ラフィール)」と呟きながら頑張りましょう。


3) パックに異常があったら・・・

 たまにですが、トーナメントで使用するパックに異常があった・・・という話を聞く事があります。この場合はどうなるのでしょう?同じく、トーナメントルールから抜粋。

63. カード、ブースターパックの異常
枚数に異常のあるデッキやブースターパックを受け取ったプレイヤーは、それをヘッドジャッジに報告しなければならない。ヘッドジャッジはその判断でデッキやブースターパックを交換することができる。プレイヤーが目印のついたカード(《セクション28》)を受け取った場合、ヘッドジャッジはその判断でカードを交換することができる。(《セクション34-代用カード》を参照。)
ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社もトーナメント主催者も、ブースターパック、およびトーナメントデッキの、カードの希少度や出現頻度等の内容について一切保証しない。

 まずは、受け取ったパックは枚数を数えてみましょう。GP静岡の場合はトーナメントパック1つにブースターパック2つですから、全部で105枚のカードがあるはずです。パックを剥いたら、まずは枚数チェック!これを忘れないようにしましょう。

 ・・・レアまみれのパックを引いたらどうしよう?(わくわく)
 

 

2001年度MTG高知最強位戦速報
2001/10/09

 2001年度MTG高知最強位戦は10/8に高知県文教会館にて行われた。今回参加したのは以下のメンバー。(出場権を持っていた方が3名欠席したので、補欠枠から3名補充)

名前
出場資格
使用Deck Type
野口雄司(香川)
第45回大会優勝
噴出バーン
田中豪(高知)
第46回A大会優勝
緑黒白ビッククリーチャー
坂上大輔(高知)
第46回B大会優勝
Fire
脇坂祐介(愛媛)
第47、51回大会優勝
白赤レベル
横山光徳(香川)
第48回A大会優勝
緑黒ビッククリーチャー
寺尾光祐(高知)
第48回B大会優勝
合同勝利
安部亮(愛媛)
第49回大会優勝
Turbo Taxi
篠原直之(大阪)
第52回A大会優勝
白赤レベル
鎌倉崇裕(愛媛)
第53回B大会優勝
レベル
塚本崇(香川)
第53回A大会優勝
赤バーン
楠瀬隆徳(高知)
第53回B大会優勝
ビッグブルー
富永誠(高知)
第54回大会優勝
噴出バーン
上田裕樹(高知)
第55回大会優勝
白赤レベル
芝藤一貴(高知)
勝率枠
Fire
斎藤力(高知)
勝率枠
Opp-Fish
樋口和稔(愛媛)
勝率枠
Opp-Orb
中島幸男(高知)
勝率枠
Fire
畑広海(高知)
勝率枠
Dark-Fire
丹羽清(高知)
勝率枠
マシンヘッド
西岡崇(高知)
勝率枠
白黒コントロール
近森恒星(高知)
勝率枠
Non-Fire+青
前川拓志(香川)
補欠1
白黒ドレイン
浜脇有作(高知)
補欠2
Opp-Fish
澤村一考(高知)
補欠3
ネザーGO

 かなりバラエティに富んだメタゲームであった。本命の富永は盟友の野口と共にオリジナルの噴出バーンを持ち込んだが、メタゲームを大きく外して序盤で敗退。安部、上田の有力デュエリストも前日の南海覇王戦の連戦で疲れからか、いま一つ切れが無く予選突破は出来なかった。

 スイスドロー5回戦による予選の結果、決勝ラウンドにこまを進めたのは以下の方々。

予選1位

坂上大輔(高知)
予選5位

西岡崇(高知)
予選2位

近森恒星(高知)
予選6位

脇坂祐介(愛媛)
予選3位

横山光徳(香川)
予選7位

斎藤力(高知)
予選4位

畑広海(高知)
予選8位

中島幸男(高知)

 決勝ラウンドの結果

準々決勝
坂上 2 − 1 中島
畑  1 − 2 西岡
近森 0 − 2 斎藤
横山 2 − 1 脇坂

準決勝
坂上 0 − 2 西岡
横山 0 − 2 斎藤

 決勝戦は西岡と斎藤の組み合わせとなった。西岡は高知でも古参のプレイヤーであり、人が使わないカードを「わざわざ」ピックアップしてのオリジナルデッキを作る事で有名。それに対して斎藤はここのところ大活躍の「Team へたれ」のメンバー。今年の日本選手権出場も記憶に新しいところである。なお、決勝戦のみ、時間無制限、5本勝負(3本先取で勝利)で行われた。試合開始は17:20。

 1本目、斎藤はダブルマリガンで5枚からスタートというハンデ。しかし、立ち上がりはそのハンデを吹き飛ばす勢い。2ターン目から順調にマーフォーク軍団を展開、 Lord of Atlantis / アトランティスの王も2体降臨し、ビートダウン体勢。それに対する西岡は斎藤に対しては屑カードともいえる土地破壊カードを使いつつ、ブロッカーとしてMeddling Mage / 翻弄する魔道士を立てた位しか出来なかった。

 2本目、今度は西岡がダブルマリガン。おまけにゲーム自体も西岡は3枚の土地でピタリ。斎藤はSpiketail Hatchling / トゲ尾の雛などの1/1クリーチャー3体で西岡を殴り倒した。

 3本目、またまた西岡はダブルマリガン。西岡は決勝戦になると事故を起こすというジンクスをここでもやってしまう。斎藤はまたまた土地3枚で事故った西岡を横目にOpposition / 対立、Static Orb / 静態の宝珠ロックを完成。斎藤の勝利が決まった。1本目が始まって15分後の事であった。


第5代目高知最強位 齋藤力

 →斎藤の所属するTeamへたれのHP「へたれん」

 なお、サイドイベントの第56回MTG高知大会は安芸市の若手の内川智晶が6連勝で優勝を飾った。

 

2001年度MTG南海覇王戦速報
2001/10/07

 10/7に香川県丸亀市で行われた2001年度MTG南海覇王戦は、四国四県+和歌山+岡山の六県から29名のデュエリストが集まり、スタンダードとリミテッドの技を競い合った。
 今回の南海覇王戦は、スタンダード3回戦+インベイジョンブロック・ブースタードラフト3回戦の予選6回戦を行い、その上位8名が決勝ラウンドに進出する事が出来る。予選の結果は以下の通り。

予選順位
名前
スタンダード Deck Type

予選1位

本田 裕季(愛媛)
Dark Fire
予選2位
池内 和浩(高知)
Dark Non-Fire
予選3位
安部 亮(愛媛)
緑黒ビートダウン
予選4位
下條 拓也(徳島)
緑赤白Fire
予選5位
浜脇 有作(高知)
Opp Fish
予選6位
上田 弘樹(高知)
白赤レベル
予選7位
田中 豪(高知)
緑黒白ビートダウン
予選8位
鎌倉 嵩裕(愛媛)
レベル

 決勝ラウンドではこの8名により、スタンダード・シングルエリミネーションで行われ、決勝の組み合わせは池内と上田の高知の「Teamへたれ」同士の戦いとなった。池内はNon-Fireに魂売り / Spiritmongerを組み合わせたタイプ、上田はレベルにウルザの激怒 / Urza's Ragenなどの火力を取り入れたタイプ。
 お互いに今年は好調な成績を残している。 上田は先日PTニューオリンズ行きの権利を獲得、池内も今年の日本選手権出場、GP神戸29位など、今年になって結果を残してきている。どちらの勢いがあるか注目が集まった。


池内 和浩(高知)

上田 弘樹(高知)

 ・・・決勝戦はあっけなく、池内が上田の戦線をSpiritmongerで蹂躙。2-0で勝利。特に2本目などは、2ターン目に暗黒の儀式 / Dark Ritualの2連打からSpiritmongerを召還。次ターンから終止 / Terminateで次々上田のブロッカーを除去しつつ、リシャーダの港 / Rishadan Portで上田の抵抗を封じるなどやりたい放題。上田も笑いながら「むーりっ!」とデッキを片付けることしか出来なかった。

 今回、優勝者の池内にはAncestral RecallとTimetwister、そして予選ラウンドで使用したブースターパック(72パック)が贈られた。


贈られた賞品の前でにっこり

 各地の予選開始から足掛け3ヶ月。各地のイベント主催者の方、そして参加した方々、本当にお疲れ様でした。

 

2001年度MTG南海覇王戦出場者一覧
2001/10/05

 10/7に丸亀でおこわなれる2001年度MTG南海覇王戦の出場者が補充枠も含めて最終的に決定した。これは、出場資格を保有している方の出欠確認をした後に、総合計32名になるように9/30の川之江Open予選の結果から上位者より補充した結果である。

No.
名前
住所
出場権獲得理由
1
安部 亮
愛媛
日本選手権四国予選
2
池内 和浩
高知
日本選手権四国予選
3
斎藤 力
高知
日本選手権四国予選
4
森山 大
和歌山
日本選手権中国予選
5
川村 明洋
岡山
日本選手権中国予選
6
土居 史明
岡山
日本選手権中国予選
7
山東 正夫
和歌山
日本選手権近畿予選
8
園田 尚弘
徳島
岡山県地区予選
9
秦 未来生
岡山
岡山県地区予選
10
高橋 優希
岡山
岡山県地区推薦
11
下條 拓也
徳島
和歌山県地区予選
12
奥山 政秀
和歌山
和歌山県地区推薦
13
脇坂 裕介
愛媛
愛媛県地区予選
14
中矢 誠
愛媛
愛媛県地区予選
15
山口 徹也
愛媛
愛媛県地区推薦
16
穴吹 和久
香川
香川県地区予選
17
松本 貴文
徳島
香川県地区予選
18
大西 宏和
香川
香川県地区推薦
19
冨永 誠
高知
高知県地区予選
20
上田 弘樹
高知
高知県地区予選
21
浜脇 有作
高知
高知県地区推薦
22
常陸 貴裕
徳島
徳島県地区予選
23
尾崎 勇輝
徳島
徳島県地区予選
24
大西 純
徳島
徳島県地区推薦
25
鎌倉 嵩裕
愛媛
Open予選
26
本田 裕季
愛媛
Open予選
27
田中 豪
高知
Open予選
28
井上 誠
愛媛
Open予選
29
小林 正典
愛媛
Open予選
30
大西 浩二
高知
Open予選
31
中屋 雄貴
愛媛
Open予選
32
生田 隼人
高知
Open予選

→2001年度MTG南海覇王戦の詳細

 

 

斎藤友晴に18ヶ月の出場停止処分
2001/10/03

 APACとGP神戸の2つのイベントで失格処分を受けた斎藤友晴に18ヶ月の出場停止処分が決定した。また、APACでの斎藤との贈賄の相手であるPeter Chaoに対しては12ヶ月の出場停止が発表されている。

以下はDCIから発表された該当の部分。(Judge-MLより抜粋)

Peter Chao
DCI#: 188577
Suspension: 10/1/01 to 10/1/02
Infraction: Bribery/Collusion
Obstruction of a DCI Investigation

Tomoharou Saitou
DCI#: 2312826
Suspension: 10/1/01to 4/1/03
Infraction: Bribery/Collusion
Cheating

 

GP静岡の参加人数は?
2001/10/03

 10/13-14に行われるGP静岡であるが、その参加受付葉書が参加者に返送されてきている。それによるとどうやら参加人数は700-800人程度が予想される。初日は8回戦の可能性もあり、参加者の方は気合を入れて参加するように。(^^;

→GP静岡詳細(HJ)

→GP静岡詳細(DCI)

→GP静岡のBYE リスト

 

2001年度MTG高知最強位戦出場者決定
2001/10/01

 2001年度の高知でのMTGの締めくくりであるMTG高知最強位戦も今年で5回目。その出場者が全て決定した。今年の出場資格保有者は以下の通り。(Av.は今年度の1マッチ当たり平均獲得点数。3点が満点)

枠番
名前
出場資格
Av.
1
土居内康弘
2000最強位
2.0000
2
野口雄司
第45回大会優勝
1.9756
3
田中豪
第46回A大会優勝
1.7037
4
坂上大輔
第46回B大会優勝
1.8095
5
脇坂祐介
第47、51回大会優勝
2.1923
6
横山光徳
第48回A大会優勝
1.3846
7
寺尾光祐
第48回B大会優勝
1.7966
8
安部亮
第49回大会優勝
2.2449
9
鈴木孝昭
第50回大会優勝
2.1538
10
篠原直之
第52回A大会優勝
1.5417
11
鎌倉崇裕
第53回B大会優勝
1.8136
12
塚本崇
第53回A大会優勝
1.8000
13
楠瀬隆徳
第53回B大会優勝
1.5263
14
富永誠
第54回大会優勝
1.9778
15
上田裕樹
第55回大会優勝
2.3818
16
水上裕介
勝率枠
2.0909
17
芝藤一貴
勝率枠
1.9423
18
斎藤力
勝率枠
1.9348
19
樋口和稔
勝率枠
1.8824
20
中島幸男
勝率枠
1.8611
21
畑広海
勝率枠
1.8000
22
丹羽清
勝率枠
1.7742
23
西岡崇
勝率枠
1.7292
24
近森恒星
勝率枠
1.7170
前川拓志
補欠1
1.7143
浜脇有作
補欠2
1.6800
澤村一考
補欠3
1.6585
田尻聡
補欠4
1.6500
鈴木展
補欠5
1.6452
野中健太郎
補欠6
1.6415
田所真太郎
補欠7
1.6226
野村昌弘
補欠8
1.6154
大西竜
補欠9
1.6087
岡村雄生
補欠10
1.5946

 10/8の当日、出場資格保有者の欠席があった場合は補欠枠上位より補充をすることになる。

 今年のフォーマットはスタンダードにより予選ラウンド5回戦を行い、その結果上位8名が決勝トーナメントに進出。決勝トーナメントは予選ラウンドで使用したデッキにより、シングルエリミネーションにより行われる。

 なお、前年度の最強位の土居内と、今年度複数回優勝経験のある脇坂に予選ラウンドBye1が与えられる。

 

オデッセイ・AP、NDのパッチ
2001/10/01

 リミテッドが熱い!と評判のオデッセイ。早くもオンライン対戦ツールであるAPとNDのオデッセイ対応パッチが発表となっている。

・AP32用
  →OFFICIAL Odyssey Patch

・ND(Ver1.41用)
  →Odyssey Patch

 今月に行われるGP静岡はオデッセイによるリミテッド(初日はシールド、2日目はロチェスター)。これを使ってバシバシ練習せよ!

 

オデッセイ発売
2001/10/01

 10/1が正規の発売日だったオデッセイ。しかし、アメリカでのテロの関係からか?並行輸入モノのオデッセイがやたら早く出荷され、早い店では9/20には店頭に並んでいたという異常事態。

 日本でプレリリーストーナメント前に店頭に並んだのは初めてのこと。

 

上田裕樹がプロツアー出場へ
2001/10/01

 9/22に広島で行われたプロツアー・ニューオリンズ予選(IBC)で上田裕樹がドメインデッキで見事優勝。高知県勢としては初めてプロツアー出場の権利を得た。彼は出場の為に準備に入っており、昨年の安部亮に続き四国で第2号のプロツアー出場となりそうである。(出場権だけならば四国第3号)


高知県勢初のプロツアー出場の権利を得た上田弘樹

 

第55回MTG高知公式大会の結果
2001/10/01

 9/9、第55回MTG高知公式大会が行われた。この日はA大会、B大会合わせて111名の参加者で賑わった。

・A大会

 72名が参加したA大会はMeddling Mage / 翻弄する魔道士入りのレベルデッキを使用した上田裕樹が、全勝対決となった鎌倉崇裕とのレベル対決を制して全勝優勝。Meddling Mageを駆使して鎌倉崇裕の反撃を完封しての完勝であった。
 これにより、上田は2001年度MTG高知最強位戦と2001年度MTG南海覇王戦の出場権を得る事となった。 (下記は上位の8名)

Rank
Name
Points
Op-Match
Win%
PL-Duel
Win%
Op-Duel
Win%
Matches
P/W/D/B
1
Hiroki Ueta
18
63.8889
80.0000
58.2540
6/6/0/0
2
Ryo Abe
16
62.0370
84.6154
57.1154
6/5/1/0
3
Takahiro Kamakura
15
67.5926
71.4286
58.0744
6/5/0/0
4
Kohei Akase
15
61.1111
71.4286
56.0188
6/5/0/0
5
Satoshi Tajiri
15
58.1481
73.3333
54.9246
6/5/0/0
6
Kazutoshi Higuchi
15
55.9259
76.9231
54.0702
6/5/0/0
7
Tsutomu Saito
14
66.6667
66.6667
61.1692
6/4/2/0
8
Kazuki Shibafuji
13
60.1852
58.8235
58.0853
6/4/1/0

・B大会

 39名の参加者中17名が新規マナメンバーズカード発行という初々しい面子で行われたB大会は、その初出場の稲田太基とベテランの小松敏明がスイスドロー5回戦をともに全勝。この両名によるプレイオフを行い、小松が優勝を決めた。

 

トピックスに戻る