★ 2000/07のトピックス


今月のトピックスに戻る

M:TG Topに戻る

Topに戻る


・京都GPの日程が決定(2000/07/26)
・インベンション・プレリリースパーティは10/1(2000/07/26)

・第41回MTG高知公式大会の結果(2000/07/25)

・Ron Fosterさん、アメリカへ(2000/07/22)

・住所不明のジャッジ一覧(2000/07/22)

・ジャッジ更新用のレポートについて(2000/07/22)
←情報追加(2000/07/26)
・7/16のフリークスの大会結果(2000/07/17)

・フリークスのドラフト戦が公式戦に(2000/07/17)

・負け犬ドラフトのレギュレーション変更(2000/07/17)

・2000年度南海・世紀末覇者決定戦の高知県地区選抜方法(2000/07/17)

・今年の日本でのGP情報(2000/07/13)
←情報追加(2000/07/14)
・APACは森雅也が2連覇!(2000/07/12)
←情報追加(2000/07/14)
・King of Kings(2000/07/04)

・九龍へ出発(2000/07/04)

・今日からプロフェシーが解禁(2000/07/01)

・初心者の講習にお勧め?スターター2000。(2000/07/01)


・京都GPの日程が決定(2000/07/26)

 札幌GPに続くGPの京都GPであるが、その日程と会場が発表となった。11/11-12の2日間、京都市内の「みやこメッセ」で行われる模様。

・・・レギュレーションはなんでしたっけ?(^^;)

勝手な予想:
 この京都GPの1週間後に行われるGP Sydneyからすると、レギュレーションはエクステンデッドでPT東京の予選を兼ねる・・・のでは?と予想するのですが。

トピックスに戻る


・インベンション・プレリリースパーティは10/1(2000/07/26)

 MTGを扱っている各店舗に、次期エキスパンションのインベンションのプレリパーティの案内書が届いた模様。これによると、開催は10/1の日曜日。なお、東京、大阪、名古屋、そして札幌GPではその前の週末(9/23、24)にかけてプレリリーストーナメントが行われる模様。
 このプレリリースパーティであるが、高知県内では今のところ、フリークス高知駅前店とFB宿毛が開催に前向きであるとのことである。

 このプレリリースパーティの日程により、インベンションのあらかたの発売日が予想できる。これまでの慣例では、発売日の直前の日曜日にプレリリースパーティをすることが多かったので、10/2-10/7の間にインベンションが発売されるのではないか?と考えられる。

トピックスに戻る


・第41回MTG高知公式大会の結果(2000/07/25)

 2000年度南海覇者決定戦の予選を兼ねた、第41回MTG高知公式大会。この日は四国各地でその予選が一斉に開催されたので、県外勢の参加は少なく見積もっていたのであるが、どうしてどうして愛媛県勢が大挙10名前後参加と予想外の展開。
 プロフェシーが解禁されてから、高知での初めての大規模大会ということもあってか、新規参加者11名を含む89名の参加者が集まった。主催者の自分としては、今回は70名程度かな?と思っていたくらいなので、うれしい限り。

 今回の大会の流れは遠征してきた愛媛県勢に高知県勢が臨むという図式で進んでいった。ハイライトは、6回戦の愛媛の安部亮vs高知の新鋭デュエリスト、小泉智弘が臨んだ一戦。
 安部は使い慣れた補充デッキ、それに対して小泉は煙突とからみつく鉄線をキーにした、黒コントロールデッキ。特に小泉のデッキはこれまでにないタイプのデッキで、注目を浴びたデッキである。結果は安部に一歩及ばなかったが、大いに場を盛り上げた一戦であった。

 さて、スイス6回戦が終わって結果を見ると、6連勝のデュエリストが2名。安部亮と愛媛の中村泰浩という愛媛対決である。中村のデッキは赤ポンザ。
 1戦目はポンザの土地破壊が安部のマナソースを効果的に攻め、安部の土地を壊すことが出来ないときだけGhitu Encampmentで殴るという戦い方で完勝。
 2本目は、中村は何と手札にPhyrexian Processorと山6枚という手札でスタートする。対して安部はSheltering Prayersを1ターン目に張って、土地破壊に対して耐える体制を作る。そして、Chillも張って一息と思ったところにPhyrexian Processorの展開を許してしまう安部。その後、Parallax Tideで中村の土地を縛ろうとするが、逆に自分のSheltering Prayersが足を引っ張り、4マナ目をどうしても許してしまう展開。結局この4マナ目がキーとなり、中村がPhyrexian Processorから産まれるトークンで安部を押し切って勝利するのである。

 終わってみれば、上位3名は全て愛媛県勢。また、39回大会から3連続で高知大会は愛媛県勢が優勝である。次回は夏の終わりの8/27。さて、高知県勢の反攻はあるのか!?

Op-Match PL-Duel Op-Duel Matches
Rank Name Points Win% Win% Win% P/W/D/B
1 中村泰浩 18 63.8889 75.0000 58.4921 6/6/0/0
2 安部亮 18 61.1111 85.7143 55.8829 6/6/0/0
3 清原洋一 15 75.0000 66.6667 65.8532 6/5/0/0
4 小泉智弘 15 69.4444 71.4286 64.0904 6/5/0/0
5 内田有哉 15 62.7778 76.9231 59.7985 6/5/0/0
6 井上誠 15 62.0370 73.3333 55.9135 6/5/0/0
7 小笠原悟 15 61.1111 78.5714 55.3274 6/5/0/0
8 寺尾光祐 15 56.4815 62.5000 54.7085 6/5/0/0

トピックスに戻る


・Ron Fosterさん、アメリカへ(2000/07/22)

 日本語を流暢に操り、日本人デュエリストを様々な海外イベントで助けてくれた、Ron Fosterさん。この度、奥さんのアメリカ留学に併せて、RonさんもWotCに転職をすることになり、この夏にアメリカへ移住(この場合帰るというべきか?)することになりました。
 但し、WotCでの仕事は日本と韓国でのトーナメントを管轄する部署だとのことで、日本でのBigイベントではお会いできる可能性は高いですね。

 個人的なことですが、Ronさんと始めてお会いしたのは、大阪で行われたジャッジ試験のこと。その当時、ルールを良く把握していなくて試験結果がズタボロだった自分に丁寧にレクチャーしていただいたことを、今でも鮮明に覚えています。

ありがとう!Ronさん!そして、これからもよろしく!

トピックスに戻る

 


・住所不明のジャッジ一覧(2000/07/22)

 現在、DCI本部が連絡先を把握していない日本人と思われるジャッジの一覧です。もしも知った人がいましたら、至急WotCへ現在の連絡先を送るように、ご本人に教えてあげて下さい。(情報源:magic-judge ML ぱお*/米村 薫さん発言より)


名前、ジャッジレベル、登録されている住所の順

Michiya Furuta 2 福岡県福岡市
Kanae Ikeda 1 北海道札幌市
Takahiro Itoh 2 長野県諏訪市
Kenichi Mizuguchi 2 広島県広島市
Yasuhiro Ogawa 1 愛知県名古屋市
Koji Ohashi 1 新潟県新潟市
Kazuya Ohkouchi 2 神奈川県横浜市
Shogo Sasaki 1 静岡県静岡市
Toshiyuki Shimizu 2 東京都立川市
Akinori Yamanaka 1 高知県中村市


 上記の方はフルネーム、現在の住所、第1メールアドレス、昼・夜の電話番号をTara McDermott<dcijudge@wizards.com>まで至急送って下さい。

 ・・・あ、ラッキー山中発見。(^^;) 教えてあげなくちゃ。

追加情報:←情報追加(2000/07/22)
 メールの送り先は、dcijudgejp@gol.comでも良いそうです。こちらのアドレスに送るときは、日本語OKとのこと。

トピックスに戻る


・ジャッジ更新用のレポートについて(2000/07/22)

 ジャッジ更新レポートの提出期限である9/1が近づいてきましたね。先日、WotCよりジャッジの方にCDが送られてきたと思いますが、その中に更新用の用紙も入っていましたので、該当の方はサクサク送ることにしましょう。

 さて、その書き方ですが、自分で調べたりいろんな人に助けを借りてようやっと解読できました。(^^;)これが参考になれば幸いです。


1)罫線の中
 ここの中は個人データを書く欄ですね。(青字が記入した文字)

First Name: Masayuki Last Name: Kunimitsu
DCI Number: 12345678 Current Judge Level: II
Address Line 1: 1-1234 Yokoyamada-tyo Kochi-shi Kochi Japan
Address Line 2:
City: Kochi-shi State/Province: Kochi
Country: Japan Postal/ZIP Code: 780-1234
Daytime Phone: 088-812-3456 Evening Phone: 088-812-3456
Languages Spoken Fluently: Japanese
Primary Email Address: gga01172@nifty.ne.jp

注1)これは架空のデータです
注2)"Languages Spoken Fluently"は流暢に喋ることの出来る言語の意味です

2)質問コーナー
 以下はWotCからの質問ですね。それぞれ、過去1年間を振り返って記入しましょう。(赤字は日本語訳、青字は記入した文字)

(a) Tournaments as head judge? (yes) Approximate Quantity: 10
  トーナメントでヘッドジャッジをしましたか?

(b) Tournaments as judge? (yes) Approximate Quantity: 10
  
トーナメントでジャッジをしましたか?

(c) Maintained Magic rules-knowledge? (yes)
  MTGのルールの知識を維持しましたか?

(d) Maintained knowledge of DCI policy and other non-card rules? (yes)
  カード以外のルールやDCIの方針に関しての知識を維持しましたか?

(e) [Level 3+ only] Judge applications? (yes/no) Approximate Quantity:
  Lv3以上の方へ限定質問。ジャッジの認定をしましたか?

注1)”Approximate Quantity”は実行しただいたいの回数を記入します。

3)記述質問コーナー

2. Which judges and/or tournament organizers have you worked with regularly in the past year?
 この1年間で良く一緒に働いたトーナメント主催者やジャッジは誰ですか?

Kyoko Otonashi (Lv II DCI Number 12121212)
Hikaru Ichijo (Lv I DCI Number 34343434)

3. What changes or improvements would you like to see made to the DCI Judge Certification Program (including the DCI Judge Certification Website: http://www.wizards.com/dci/judge)?
 DCIのジャッジ認定について、変更してもらいたい点や改良して欲しいことはありますか?(DCI Judge Certification Websiteも含めて)

例文を思いつきませんでした。(^^;)


 上記の質問に答えて、WotCに送り返しましょう。これで、向こう1年間のジャッジ更新が完了・・・と思うのですが。(^^;) 送る方法は、通常郵便、速達、E-mail、FAXと色々方法があるようですね。
 なお、書き方間違っているぜ!などの突っ込みがありましたら、ドシドシ突っ込んで下さい。

追加記事:←情報追加(2000/07/26)
 以前の記事には「Articles and/or reports? 」の質問について記述していましたが、実は今回送られてきたレポートにはその質問がなくなっていることが分かりましたので、削除いたしました。(Web上にUpされていたレポート用紙を前提に記事を書いてしまいました)

トピックスに戻る


・7/16のフリークスの大会結果(2000/07/17)

 PRが解禁となっての高知で初のスタンダード公式戦であるトーナメントがフリークス高知駅前店で7/16に開催された。参加人数27名で行われたこのトーナメント、優勝はニューフェイスの近沢くん。赤単ポンザデッキで、全勝優勝だったとのこと。

トピックスに戻る


・フリークスのドラフト戦が公式戦に(2000/07/17)

 毎週土曜日に開催されているフリークス高知駅前店でのドラフト戦が8月以降は公式戦で行われることとなりそう。リミテッド大好きデュエリストにとっては朗報かもしれませんね。

トピックスに戻る


・負け犬ドラフトのレギュレーション変更(2000/07/17)

 MTG高知公式大会のSideイベントである「負け犬ドラフト」ですが、今回の7/20より若干レギュレーションを変更といたします。
 これまでは、「ブースタードラフト」で行っていましたが、夏以降のプロツアーなどの大きなイベントでは「ロチェスタードラフト」が主流となる模様ですので、負け犬ドラフトもそれに併せてロチェスタードラフトとさせていただきます。

トピックスに戻る


・2000年度南海・世紀末覇者決定戦の高知県地区選抜方法(2000/07/17)

 今年の10月に徳島で開催される予定の四国+岡山+和歌山合同イベントである、2000年度南海・世紀末覇者決定戦であるが、高知県地区の選抜方法を明らかにしておきます。
 今回、高知県地区からは3名の枠を主催者側から頂いております。その3名の決定は以下の方法により選抜いたします。

1)7/20の第41回MTG高知公式大会の優勝者
2)9/17の第43回MTG高知公式大会の優勝者

なお、優勝者が既に出場権を持っている場合は、2位以下に繰り下がりといたします。


3)9/17の第43回MTG高知公式大会終了時点での、1999/11-2000/9間のMTGUser-S高知主催の高知公式大会での勝率1位の方。(但し出場数が60%以上の方の中で)

1位の方が既に出場権を持っていた場合は、2位以下の方へ繰り下がりといたします。

 なお、現在高知県地区で既に出場権を取得しているのは、今年の日本選手権に出場した、富永、野田、国光の3名となっています。

トピックスに戻る


・今年の日本でのGP情報(2000/07/13)←情報追加(2000/07/14)

 今年の日本で開催される残りのGPは札幌と京都ですね。その2つのGPの情報です。

★ GP札幌

開催日: 2000/9/23-24
場所: Sapporo Factory
参加費: \4000
予選: シールド戦
決勝: ロチェスタードラフト

 注意する点として、エントリー受付は前日の9/22の16:00-21:00までに行う必要がある点です。名古屋GPと同じシステムですね。

なお、詳しい情報は下記のサイトにあります。ご参照ください。
 
 →WoCのGP札幌情報サイト
 →HJのGP札幌トライアル情報

★ GP京都

 GP京都については、まだWoCより正式に詳細が発表されていないことから、「ひょっとして中止になったのでは?」などと、憶測が流れていました。しかし、関係者筋の話では、既に会場も押さえてあり予定通り2000/11/11-12に開催されるとのこと。後は、公式発表を待つばかりですね。

WotCの2000年のGPスケジュール表 ←情報追加(2000/07/14)

トピックスに戻る


・APACは森雅也が2連覇!(2000/07/12)←情報追加(2000/07/14)

 7/7-7/9まで香港で行われていたAPACであるが、森雅也が昨年に続いて2連覇を達成した。

★1Day

 今年の日本勢はAPACは132人の全参加者中52名を占める最大勢力であり、優勝者はこの日本人の中から産まれるであろうと予想されていた。しかし、他の国のPLAYERの実力も確実にUPしており、初日のドラフトが終わった時点で、5-1以上のポイントを上げたPlayer11名のうち、日本人は5名とちょっと予想外のスタート。

Rank Name Pt OppMW%
1 Ng, Chi Fai Teddy (HK) 18 70.3704
2 中村 聡(東京) 18 48.1481
3 Tam, Wing Lok (HK) 16 56.4815
4 Pong, Robin Hee Tee (SG) 15 71.1111
5 森 雅也 (東京) 15 66.6667
6 石田 格 (東京) 15 59.2593
7 田中 一徳 (大阪) 15 58.3333
8 Ward, Sam (AU) 15 56.4815
9 Wong, Doctor (TW) 15 55.5556
10 Khoo, Kevin Seng Giap (MY) 15 54.6296
11 塩津 龍馬 (愛知) 15 41.6667

初日の順位表 (5-1以上のPlayerを抜粋)

★ 2Day

 が、2日目のスタンダードではその情報量の差がでたのか?最終的にTop8のうち5名が日本人が占め、アジアの中での日本の強さを示した。この中で注目は誰も予想もしなかったデッキを使って予選1位抜けを果たした大阪の田中一徳。決めカードとして採用されていたDark Triumph / 暗黒の凱歌は洒落にならないダメージ量を叩き出していた。参考→Top16のデッキリスト

Rank Name Pt OppMW%
1 田中 一徳 (大阪) 29 58.61%
2 森 雅也 (東京) 28 62.01%
3 Ward, Sam (AU) 28 61.57%
4 渡辺 仁人(宮城) 28 61.57%
5 Ng, Chi Fai Teddy (HK) 27 69.91%
6 真木 孝一郎 (東京) 27 61.81%
7 Wong, Doctor (TW) 27 58.56%
8 中村 聡(東京) 27 58.33%

予選最終結果 (Top 8を抜粋)

★ 3Day

 3日目は、TOP8により前日スタンダードで使ったデッキをそのまま使ってのシングルエリミネーション。2日目が終わった時点で各人にTOP8全員のデッキリストを配られていたので、各人入念な練習をした結果か?全体的にほぼ予想通りの進行であったかもしれない。

 決勝戦は、アングリー・ハーミットの森雅也(東京)とトリニティの渡辺仁人(宮城)。森雅也のアングリー・ハーミットはアンチ・トリニティと言えるデッキであり、相性的に有利。しかし、渡辺もその相性の悪さを跳ね返す善戦をし、決着は5回戦までもつれ込む大熱戦となった。
 そして、最終戦。渡辺の展開するマナエルフ軍団に森のFlameshot / 火炎弾が火を噴く。この瞬間森の勝利が約束されたのかもしれない。そのままマナ差を活かして森が渡辺を押し切って、APAC2連覇を成し遂げた。


優勝の瞬間!(Sideboard Onlineより)

Rank Name Winnings
1 森 雅也 (東京) $11,500
2 渡辺 仁人(宮城) $7,000
3 田中 一徳 (大阪) $4,600
4 Ward, Sam (AU) $3,700
5 Ng, Chi Fai Teddy (HK) $3,035
6 真木 孝一郎 (東京) $2,555
7 Wong, Doctor (TW) $2,225
8 中村 聡(東京) $2,000
9 Tam, Wing Lok (HK) $1,845
10 笹沼 希予志(神奈川) $1,715

最終結果 (Top10を抜粋)

★ 世界選手権へ

 なお、今回のAPACの副賞としてTOP8には世界選手権への参加権が与えられることとなっていた。しかし、このTop8中2人が既に出場権を持っていたために、9位と10位のPlayerがその権利を繰り下がりでGETする事となった。

★ 参考サイト

Sideboard OnlineのAPACのサイト(詳細なデータ)

HJのAPACのサイト(決勝戦の日本語での解説) ←情報追加(2000/07/14)

APACプレスの森慶太さんのサイト「MAGIC SQUARE」(観戦記)

中村聡さんのAPAC参戦記 ←情報追加(2000/07/14)


トピックスに戻る


・King of Kings(2000/07/04)

 衝撃!どちらが、本当の王様でしょうか?

さぁ、気合いを込めてクリック!

トピックスに戻る


・九龍へ出発(2000/07/04)

 今週は香港でAPAC。で、なぜか気がつけば、パスポートやら飛行権やらを手配している管理人。行ってきます。香港へ。但し、選手ではありません。ジャッジとして千葉のみやけんさんと一緒に参加です。
 日本選手権の「前代未聞・落ち武者ジャッジ」に続いて、今度は「無茶無謀・英語ダメダメジャッジ」です。(いいのか?オレ)
 さて、ガイドブックを見ると、ホテルは九龍地区なのね。おいらはマジで生きて帰ってこられるのでしょうか?取りあえず、「龍(Ron)」を最初から読むとしましょう。(わけかかめ)

 では、行ってきます!

トピックスに戻る


・今日からプロフェシーが解禁(2000/07/01)

 構築戦では、この7/1よりプロフェシーが解禁。この週末は各地でトーナメントが行われるでしょう。これからはどんなデッキが暴れるのでしょうか?頭の悪い管理人は、プロフェシー入りのデッキが見えてこないのですが、個人的にはリスティック呪文がいい味を出してくれそうな予感。はてさてどうなる?

トピックスに戻る


・初心者の講習にお勧め?スターター2000。(2000/07/01)

 既に出荷されて時間の経っている話であるが、購入して結構気に入ったのでご紹介。

 MTGの初心者向けの特別セットとして発売された、スターター2000。これには、構築済みデッキ(講習用デッキですね)が2個、ロウクスの特別Foilカードと、Windows用のCD-ROMが入っています。ロウクスのFoil目当てに購入される方も多いかと思いますが、自分のお気に入りは、実はCD-ROMの内容なのです。

 このCD-ROMの目玉は、先の構築済みデッキでPlayをしたMTG初心者を対象にしたテストPlayプログラムが入っているのです。簡単なデッキを使って、コンピュータ相手にデュエルをするというモノですが、これがなかなかお勧め。アンタップステップから始まって、SpellのPlayの手順とか、攻撃、防御などの手順を実際にPlay出来るようになっています。
 ですので、MTG初心者にはこれをやってもらうだけで、基本的な流れはOKになるのではないでしょうか?
 またその他にも、Playの手順を教えるムービーもなかなか面白くてお勧めだし、スクリーンセーバーのおまけ付き。

 惜しむべくは、英語であるということ。夏に発売される日本語版にはこのCD-ROMは付属していないが残念。HJも気合いを込めてCD-ROMの翻訳して欲しかったなぁ・・・

トピックスに戻る