★ 2000/03のトピックス


今月のトピックスに戻る

M:TG Topに戻る

Topに戻る


・LIBの上にカウンターなどを置く行為について(2000/03/29)
・WotC、MTGのカードデザインの変更を否定(2000/03/28)

・第37回MTG高知大会結果速報(2000/03/26)

・1daydraft、盛況(2000/03/25)

・2000年度日本選手権・地方予選開幕(2000/03/25)

・フリークストーナメント結果(2000/03/19)

・プロフェシー・プレリリースの件(2000/03/19)

・横田基地でのらエモン勝利(2000/03/19)

・カードの紛失、盗難について(2000/03/16)

・フリークス、独立店舗に。(2000/03/16)

・5月の日本選手権・四国予選に向けて(2000/03/13)

・1daydraft、立ち上がり好調(2000/03/13)

・3/12のFB宿毛トーナメント(2000/03/13)

・1dayDraftの提案(2000/03/06)

・3/5のFB宿毛トーナメント(2000/03/06)

・喜劇!2ターン目の迫害(2000/03/02)

・2000/03の禁止カード発表(2000/03/02)


・LIBの上にカウンターなどを置く行為について(2000/03/29)

 先日の高知大会でアップキープに成長カウンターを置き忘れないように、LIBの上におはじきを置いてのPlayをみかけました。
 自分的には「これは使えるPlayだな・・・」と思ったのですが、後日の調査でこのPlayは注意の対象になることが判明しました。当日の表彰式で「良いPlay」として紹介していましたが、それについて撤回いたします。

 フロアルールから該当の部分(と思われる)を抜き出しました。

28.記録をとること
 以下の情報を除いて、プレイヤーは、対戦相手のデッキ、または、行動についてノートをとることを許されない:
・対戦相手の名前(その他の適度な個人情報)
・対戦相手のDCIナンバー
・どちらのプレイヤーが先攻で、何回マリガンを使ったか。
・ゲーム状態を示すもの(マナプールのマナ、毒カウンター、名誉点(Honor)、ライフポイント、土地をプレイしたかどうか、リソース、等)
・経過したターン数

DCIユニバーサル・トーナメント・ルール(1999/10発行)より

トピックスに戻る


・WotC、MTGのカードデザインの変更を否定(2000/03/28)

 以前、Mtgnewsで掲載されていたMTGのカードデザインの変更の噂であるが、このほどWotCは公式にその噂を否定した。→その否定記事 →噂の記事

 自分的にはほっとしました。だって、新旧のカードデザインが入り交じってのPlayを考えると、ゾッとしていましたから。(^^;)

トピックスに戻る


・第37回MTG高知大会結果速報(2000/03/26)

 今回からA大会とB大会に分離したMTG高知大会は、A大会に81名、B大会に32名が集まり、それぞれスイス7回戦とスイス5回戦を戦った。

 A大会はネメシスが登場して、強力デッキと噂されていた、パララックス補充デッキがその噂に違わぬ強さを発揮し、上位を独占する事となった。
 6回戦が終わった時点で全勝は徳島の土居内(補充)ただ1人。しかし、OppMW%はそれほど高いわけでなく最終戦を敗れると1敗まで優勝ラインが下がり、優勝の可能性が少ない土居内。ここで、立ちふさがるのは、帰ってきた溝渕正晃(補充)。1本目を溝渕が取り、これは大逆転優勝か?と緊張が走ったが、土居内が最後の最後で踏ん張り、1-1-1に持ち込み、逃げ切り優勝を決めた。

・A大会上位順位(Top8)

Op-Match Matches
Rank Name Points Win% P/W/D/B 住所 Deck
1 土居内康弘 19 59.5238 7/6/1/0 徳島 パララックス補充
2 山中稔久 18 65.3061 7/6/0/0 香川 パララックス補充
3 真本昌幸 18 58.3673 7/6/0/0 徳島 パララックス補充
4 中村泰浩 18 57.1429 7/6/0/0 愛媛 赤単土地破壊
5 脇坂祐介 18 56.8027 7/6/0/0 愛媛 青茶単
6 溝渕正晃 16 65.9864 7/5/1/0 高知 パララックス補充
7 池内和浩 15 69.3878 7/5/0/0 高知 緑ストンピー
8 梶原潤 15 67.3469 7/5/0/0 高知 緑ストンピー


(A大会優勝の土居内)

 B大会はここ最近成長が目覚ましい伊藤実繰(青茶単)が、公式戦初出場の真鍋耕一(緑ストンピー)を決勝で破り優勝。


(B大会優勝の伊藤)

トピックスに戻る


・1daydraft、盛況(2000/03/25)

 3/10より始めたネットでのドラフト練習戦、1daydraftが立ち上がって2週間。多くの参加者とAzraelさんやみやけんさんのご協力に助けられ、毎晩のように8人フルドラフトの卓が立っています。誠にありがとうございます。(8人集まらなかったのは1日だけ)

 さて、ドラフトするカードの指針として点数表があります。点数表が全てではないものの、ドラフト初心者には大きな助けになることは間違いなし。1daydraftしながら点数表をアンチョコとして横に開いておくのも良いでしょう。
 以下はお勧めの点数表のあるサイトです。自信のない方はここを見ながらの参加は如何でしょうか?実力向上保証付きです。(たぶん)

“マジック”の定食屋さん
(管理人:中村聡さん)

宇宙忍者の隠れ家
(管理人:射場本正巳さん)

スネに7つの傷を持つ男
(管理人:松山文雄さん)

トピックスに戻る


・2000年度日本選手権・地方予選開幕(2000/03/25)

 遂に世界を目指してのトーナメント、日本選手権地方予選が本日の東北・仙台市を皮切りに幕を開ける。デュエリストの熱い春の到来である。
 なお、MTGを扱っているお店には4/8以降の地方予選の申し込み葉書が届いている。参加希望の方は、葉書を確保しておこう!

2000年度日本選手権・スケジュール

・地区予選(申し込みは開催日の10日前まで。1人1ヶ所までの参加)

== 3月 ==
3/25(土) 東北地区選手権(仙台市・ろうふく会館)

== 4月 ==
4/01(土) 近畿地区選手権(大阪市・大阪市港区区民センター)
4/08(日) 九州地区選手権(福岡・福岡SRPホール)
4/23(日) 甲信越地区選手権(松本市・松本商工会議所)
4/30(日) 東海地区選手権(名古屋市・名古屋国際会議場)

== 5月 ==
5/03(水) 中国地区選手権(広島市・広島県立総合体育館)
5/05(金) 四国地区選手権(高知市・高知電気ビル)
5/06(土) 北海道地区選手権(札幌市・かでる2・7)
5/07(日) 北陸地区選手権(金沢市・金沢MROホール)
5/13(土) 関東地区選手権予選(東京・池袋サンシャイン文化会館3F)
5/14(日) 関東地区選手権決勝(東京・DCIジャパントーナメントセンター)

・オープン予選(地区予選参加済みの方でも参加ok。本戦出場権を持っている人は参加不可)

5/26(金) 日本選手権オープン予選(東京)

・2000年度日本選手権(本戦)

5/27(土)、28日(日) 東京・池袋サンシャイン文化会館3F

 本戦の参加資格は以下の通り。

・ 1999年度日本選手権上位4名
・ PT L.A終了時のプロポイント世界ランキング上位50名
・ 全国地区選手権上位者(各地区によって人数が違います)
・ The Finals'99優勝者
・ 上記に該当するPlayerを除くDCI日本総合ランキング上位25名
  (本戦の6週間前のポイントで決定)
・ オープン予選優勝者


トピックスに戻る


・フリークストーナメント結果(2000/03/19)

 フリークスで行われたスタンダード戦に、非公式戦ながら32名のデュエリストが集まり、スイスドロー5回戦を戦った。結果、決勝戦で騙し討ちの野口を青茶単の水上祐介が破り、優勝を決めた。
 なお、自分もTangle Wire / からみつく鉄線をキーにしたロックデッキを持ち込み、1日中ロックに興じ、久々にMTGを勝敗を忘れて楽しんだ1日でした。
 が、慌てて組んだのでDust Bowl / 黄塵地帯と間違えてHigh Market / 高級市場を入れていたのは、かなり衝撃。ほら、両方とも絵が似てるでしょ?(^^;)

トピックスに戻る


・プロフェシー・プレリリースの件(2000/03/19)

 今年6月に発売予定のプロフェシーですが、そのプレイリリース・パーティ(各地ショップ主催)について日程が明らかとなった。開催日は6/4。なお、DCIジャパンが主催のプレリリーストーナメントについては不明。

トピックスに戻る


・横田基地でのらエモン勝利(2000/03/19)

 先日松山から引っ越した、のらエモンこと野村さん。彼からの電話連絡によると、18日に米軍横田基地で行われたシールド戦で、米兵をブッ倒して優勝したとのこと。
 オレが「パックがGodだったの?」と聞いたら、胸張って「いや、Playingがよかったの!」と自信満々に答えていました。(笑)

トピックスに戻る


・カードの紛失、盗難について(2000/03/16)

 MTGのイベントや、フリーデュエル場は多くの人が集まり、非常に混雑することが多いのですが、そうなってくると多くなってくるのが、カードの紛失や盗難のトラブルです。
 最近は、Foilカードの出現など、一端その様なトラブルが起こったときはその被害金額も大きくなってしまう傾向にあります。

 この問題は、前々から「自分の荷物は自分でしっかり管理」としか対策がないのですが、それに加えて、「必要以上の荷物を会場に持ち込まない」も加えたいと思います。とにかく自衛に徹するしかないと思いますので、皆さんも出かける際は気をつけて下さい。

 なお、高知の会場で、もしも盗難の現場を押さえたときは、厳正な処置をとるつもりです。その様なことのないことを祈ります。

トピックスに戻る


・フリークス、独立店舗に。(2000/03/16)

 現在BOOK OFF高知駅前店内で営業しているトレーディングカードショップのフリークスですが、別店舗としてBOOK OFFから独立し、新しい店舗は今年4月に開店予定で、急ピッチで準備が行われているとのことです。
 新店舗の場所はBOOK OFF高知駅前店から東へ10mのビル1F。駐車場などは今まで通り、BOOK OFFの駐車場をそのまま使用可能とのこと。

 営業時間は基本的にこれまで通りとのことで、仕事帰りの社会人もちょっと嬉しい時間設定。なお、設置されるデュエルスペースですが設営されることは確実なものの、その規模については不明。これまで以上の広さを期待したいところ。

 何はともあれ、4月Openに大期待なのです。期待していまっせ!>山崎店長

 PS:アルバイト募集中とのこと。暇を持て余していえる大学生などは相談してみては?

トピックスに戻る


・5月の日本選手権・四国予選に向けて(2000/03/13)

 日本選手権・地方予選が今月末から遂に始まります。この高知でも3年連続で四国予選を開催することとなっています。今年の日程は、地方予選の中でも後期に当たる日程なので、デッキの研究する時間は昨年に比べると有る方といえますね。
 また、前週が名古屋GPということもあって、四国外のデュエリストは金銭的に遠征が厳しい状況とも言え、これは四国のデュエリストにとって追い風ともいえる状況です。

 しかし、開催地「高知」のデュエリストは余り日本選手権に縁がないのも事実。2年前の四国予選で「最強様・小林昇」が予選4位で抜けただけという状況で、なかなか、東京への道は厳しい模様。

 5/5の四国予選に向けて今年はマジカル(4/30)、フリークス(5/3)にスタンダード戦のミニトーナメント(公式戦)を行ってくれるとのことで、これは高知のデュエリストにとってこれ以上の追い風はないと思っています。
 というわけで、今年の目標は「2人の高知県人を東京に送り込む!」ということで、頑張りましょう!

トピックスに戻る


・1daydraft、立ち上がり好調(2000/03/13)

 3/10よりドラフトの技術向上を狙って始めた1daydraftですが、毎晩8人での卓が立ちまずまずの立ち上がりをすることが出来ました。参加されている方の熱心さに頭が下がります。
 自分も毎晩参加させて貰って、一生懸命ドラフトの練習中。絵が出ないドラフトとはいえ、ドラフトの練習には十分なります。NETDRAFTとAprentice環境の方は是非ともお出で下さい。→詳細はこちら

トピックスに戻る


・3/12のFB宿毛トーナメント(2000/03/13)

 参加人数8名、スイスドロー4回戦で行われたFB宿毛のトーナメントは、今年になって「宿毛の魔王」と化している松山の倉岡信太郎が1本もデュエルを落とすことなく完全優勝。
 なお、使用デッキはいつもの彼からは想像できない、緑単色ストンピー。彼が語るに、「ふふ、メタを考えてきました」だとか。

宿毛の地元Playerで彼をブッ倒すデュエリスト大募集!

トピックスに戻る


・1dayDraftの提案(2000/03/06)

 地方デュエリストの悩みとしてLimited環境の練習、特にドラフト戦の練習不足を良く聞きます。ドラフトはMTGの実力を向上させるためには避けては通れないレギュレーションですが、練習量がモノをいうレギュレーションでもあります。
 そこで、インターネット上でお手軽にドラフト戦を可能にしてくれるNetDraftの登場となるのですが、これまで何度かPlayしてきた経験からいうと、夜にドラフト−デュエルを数回というのは社会人にとって結構厳しいものがあるし、かといってデュエルを後日に廻しても、場を廻っていたカードの種類も忘れてしまうし、興が冷めてしまうと言わざるを得ないでしょう。

 そこで、簡易ドラフト戦である1dayDraftの提案です。、ドラフト−1デュエルを1SETとして、次の日にデッキを持ち越さずにドラフトの数をこなすことを第1とします。その詳細は以下の通りです。

・開催時間
 毎晩23:00 参加締め切り23:15
 23:15までに参加人数が8名に達したならば即スタート。達しない場合も23:15より参加した人数でドラフト開始。

・集合場所
 「LANCERのお部屋」のチャットルーム

・ドラフトとデュエル
 ドラフトは、MMとNSの現環境のドラフトです。基本的にドラフト終了後、少なくても1デュエルは行い自分の作ったデッキの動きを検証しましょう。
 1dayDraftは3本マッチをを強制しませんが、実際にデュエルを行わないと、真に強いカードやカードのコンビネーションが理解できないと思います。
 デュエルが終わったらチャットルームに移動し、強いカードの検証をみんなと行うのも良いでしょう。

・必要ソフト
 Netdraft、AP32の2本。両方ともメルカディアンマスクスとネメシス対応にしておくことが必要です。両ソフトの詳しいこと(ダウンロードの場所、使い方)はKURAさんのHPであるApprentice's Schoolにあります。

・終了予定時刻
 0:30に自由解散。社会人が毎日参加するのであれば、この時間帯が限界か?別に元気な人は、デュエルを続けても一行に構いません。

 この企画は広島のアズラエルさんとの共同企画です。なんとか継続していきたいとおもっています。第1回目は3/10の金曜日より開始したいと思います。それまでに何かご意見やご質問がありましたら、BBSまで書き込みよろしくお願いいたします。

トピックスに戻る


・3/5のFB宿毛トーナメント(2000/03/06)

 3/5に高知でのネメシス環境初の公式スタンダード戦がFB宿毛で行われた。参加人数8名、スイスドロー4回戦で行われ、結果3-0-1で青茶単の山中が優勝。先の岡山マナ武闘会の鬱憤をちょっとだけ晴らした模様。
 最近、遠征組の狩り場とかしているFB宿毛のトーナメント。地元勢の一掃の奮起が期待される。がんばれ!

トピックスに戻る


・喜劇!2ターン目の迫害(2000/03/02)

 松山のベテランデュエリストの倉岡信太郎は、四国各地どこに行っても名の売れたデュエリストと言えるであろう。その信条は前にも「ネチネチ教」と称されたように、真綿で相手の首を絞めるようなコントロールデッキを好みとしている。
 コントロールデッキというと当然使用色は青いデッキが多いわけで、それがいろんな事件を起こして、こうしてネタを提供してくれるというわけなのである。(笑)

・その1(損したケース)
 徳島のトーナメントで初めてあった相手との1デュエル目のこと。倉岡のパーマネントは、City of Brass / 真鍮の都のみ。この状態で、いきなり2ターン目にPersecute / 迫害を打たれ、色を青と指定されて手札がボロボロになる彼。

・その2(得したケース)
 丸亀のトーナメントで初めてあった相手との1デュエル目のこと。倉岡のパーマネントは、Crystal Vein / 水晶鉱脈から繋いだGrim Monolith / 厳かなモノリスのみ。この状態で先の話と同じように2ターン目にPersecute / 迫害を打たれ、色を青と指定される彼。
 しかし、今度は彼のデッキは実は赤茶単だったので、全く被害なし。

 有名人になると、色々大変ですね。(笑)

トピックスに戻る


・2000/03の禁止カード発表(2000/03/02)

 3/1に恒例の禁止カードの発表があった。今回の発表で変更のあったレギュレーションはエクステンデッドのみで、一番多く遊ばれているスタンダードには何ら変更なかった。
 また、DCIが注目している要チェックカードであるが、これまで要チェックとしていたリストは全て排除となり、現在「危ない」と認識しているカードがないことが明らかとなった。

 さて、変更点のあったエクステンデッドであるが、4/1より以下のカードが新たに禁止カードの指定となる。

Dark Ritual / 暗黒の儀式
Mana Vault / 魔力の櫃

 禁止の理由は、先日のPTQやGPで暴れまくったNecro-Donate deck対策であると明記されている。

公式発表はここをクリック!

トピックスに戻る