・99/05/30 今治模型社MTGコンベンション

 最後の5th環境を楽しむため為と6/13の高知大会の宣伝も兼ねて、5/30の今治大会にLackey山中と参加しました。
 この日は最後のDesert Twister / 砂漠の竜巻を撃つべし!と意気込んでいたのですが、結局デッキを作る時間が無く、結局その時の面子によってネクロと赤スライのどちらかを使おうと今治に乗り込んだのでした。
 会場に着いてみると、人数が23名と比較的少ない上にネクロを使いそうな人が4人ほどいそう(確実は2人)だったので、赤スライを使うことを決定。後はプロ赤シャドーやChilと出会わないことを祈るだけである。
 が、この日ネクロを使うことにしていたLackey山中は地元の人間がChillを探しているのを見て、「快く」Chillを提供する山中。既にここから戦いは始まっているのか!?(笑)
 県外遠征のお約束、デュエル前のビールを飲んで酔拳モード発動。ほろ酔い気分でネクロでも何でもやって来やがれと息巻いてみたりする。

1回戦 Nwo 脇坂くん
 いきなり1回戦から強敵の脇坂少年。最近彼は師匠の安部亮の特訓で実力急上昇中の中学生。彼は最近ネクロを好んで使っていたので、自分はネクロでなくて赤スライを選択したのであるが、その予想は1ターン目から裏切られることとなる。「森セット、極楽鳥」。Nか!!!
 1本目は、おっと滑ったな人が滑りまくり、ロックに入ったところで投了。2本目は丁寧に相手のマナ鳥を除去、多色LandをWastlandでつぶして脇坂窒息。3本目は脇坂は見事な大事故。彼のLifeの流れは20-14-14-5-0であっという間に死亡
 ここでも「飲んだ直後は負けない伝説」は生きていました。(笑)

2回戦 疲労ワープ 伊藤さん
 今度は地元の方が相手。いきなりプロパガンダを貼られてビビルが、順調に土地が並んでゴブリンが気持ちよく殴って2タテ。聞くと、赤対策を全くしていなかったそうな。・・・って今治のメタゲームは赤が入っていないのか???

3回戦 白ウィニー 古川さん
 この時点で全勝は6人。注目のネクロは2人は残っている模様。その他のデッキも赤スライで1人を除いて勝てないことはなさそうな感じ。で、見事にその「1人を除いて」と当たる俺。酔いが醒めるといつもこうなる。(笑)
 1本目はゴブリン軍団とプロ赤シャドーのドツキ合いとなり、次のターンにシャドーに殴られたら負け(自分Life2点)という場面で、ゴブリン全軍攻撃。ここで、彼がJackal Pupを白騎士でブロックすれば、少なくても彼は負けはない状況であったのですが、Mogg Flunkiesをブロックしてくれたので、手札にあったSonic Burstでトドメ。助かったぁ・・
 2本目は順調にゴブリンが並んで殴っていたところ、突然神の怒りの洗礼。が、Lightning Dragonを召喚、次のターン殴れば勝利!というところまで追いつめる。そして攻撃!彼の開いた口から飛び出た言葉は・・・「バイバック不死身」。結局、後1点をどうしても詰めることが出来ずにプロ赤シャドーに蹂躙されて逆転負け。
 3本目、多くは語りません。プロ赤軍団最下層民やら魂の絆ルンママが並んでしまった状況に私に何をせよと?負け、負け!

4回戦 ステロイド 笠原さん
 優勝戦線から退いてがっかりしたところで対戦するのは地元の笠原さん。どうやらヘビークリーチャー型のステロイドの模様。1本目はクリーチャーの除去合戦の後に相手は有利になりつつあるところでApocalypseが発動。後は見事に土地を退かない彼を後目にあっという間にリカバーしたゴブリン軍団が残虐モードで勝利。
 2本目のサイドボードで投入するのはWinter Orb。この手のステロの弱点はきっちり把握しているぜ!(笑)で、あっさりWinter Orbを引く俺。ちーん。

5回戦 ネクロ 山口さん
 組み合わせが発表された瞬間ガッツポーズ!最後の最後でお客様のネクロと当たることとなる。
 1本目はなにも動けないネクロを後目にゴブリンで2分で惨殺。2本目は2ターン目迫害を食らい、後はネクロのやりたい放題で負け負け。勝負は3本目に持ち越されることとなる。
 3本目はJackal Pup2体で速攻をかけるが、Engineered Plagueで「Hound!!」と指定されるなど一進一退の攻防の中、相手Lifeを3まで追いつめる。火力を引くことを祈って引くのはApocalypse。既に相手に土地が6枚並びかけていたので危険を感じて即発動。
 が、ここからの引きが寒いのなんの。土地が来ない。ここで後1枚Landを引けばAcidic Soilが飛んで勝利という状況が長く続くが、見事に引かない俺。そうこうしているうちにDuressでAcidic Soilは落ちて万事休す。
 最後はEngineered Plagueで「ボールライトニング」と指定されている中、引くカードが案の定ボールライトニング

 な・・・なんで、赤スライでネクロに負ける!?

最後に
 結局3-2でようやっと勝ち越しレベルで終了。ここ一番の引きの弱さをまたまた廻りに見せつけて、ズタボロになりながら高知に帰るのでありました。(^^;)
 なお、Lackey山中は自分が3回戦で敗れた古川さんに決勝で敗れて2位でした。

トーナメント参戦記に戻る