・99/02/14 第23回MTG高知公式大会

 今回は、他のスタッフの本廣くん藤原さんのお陰で、1年半ぶりのMTG高知公式大会に出場させて貰いました。久々の高知での大規模大会。前の日からどきどきワクワクで眠れなかったのは秘密だ。
 しかし、他の参加者にはギリギリまでプレイヤーで参加することは知らせず、いつものように受付をして、いつものように前説をして、最後最後でプレイヤー表明。場内割れんばかりのブーイングの中、1番テーブルに座る自分がありました。
 今回のデッキは直前の松山大会で好調だったカウンタースリバー。スリバーでノーガードの殴り合いに持ち込み、自分はWorship/崇拝を張って、後はその状態をカウンターで守るというデッキ。松山ではスリバーでここぞで狙いのクリーチャーを引けなかった弱点を徳島の播野さんのアドバイスによりSurvival of the Fittest/適者生存を1枚だけですが投入して補強しての出場です。。

・1回戦 騙し討ちデッキ 川野さん
 席に座った途端に、「なんでやねん!」と対戦者の悲痛の叫び(笑)いやぁ、俺って好かれているのねぇと感慨に浸りながら、おもむろにすぐそばで見学していた芝藤くんに「ビール買って来てぇ」と250円を渡す。
 デュエルが始まって5分後に芝藤くんがビールを「本当に飲むんですか?」と怖ず怖ずと差し出した3秒後、バシュッという音が会場に響き渡ったのでした。みるみるうちに顔が真っ赤になっていく自分にビビル対戦者の川野さん。なお、

「アンタップ、アップキープ、グビグビ、ぷはぁ!、ドロー!」

とやった途端に気がついたジャッジの藤原さんが血相を変えて走ってきたのは言うまでもない。しかし、既に自分はほろ酔いのいい気分。
 さて、デュエルの方であるが、川野さんのデッキは騙し討ちデッキ。一本目はWorshipで完封したのであるが、2本目はCrater Hellion/火口の乱暴者を引き吊り出されて、全てのスリバーを吹き飛ばされる悲劇を数回くらい、Worshipもゴミくず同然。そりゃ負けるわなぁ。
 正念場の3本目は、対赤の必殺コンボChill、Winter Orb/冬の宝珠で締め上げ、さくっと勝利。

・2回戦 ネクロディスク 山口さん
 今度の相手はトーナメント常連者の松山の山口さん。いつもは赤いデッキを使っている方なので、「おぉ、お客さん!」とほくそ笑んでいたら、いきなり「沼をプレイ」。思いっきりネクロディスク。
 おまけに自分の引きも妙にランドばかり引いてしまい、スピードUPできない状態でやっとライダーロックに入ることができると思った瞬間に、Corrupt/堕落の直撃弾をライダーに食らい、即座にCoffin Queen/棺の女王でパクラれ大ピンチ。結局、そのまま時間だけが無駄に流れていき、巨大なDrain Life/生命吸収を食らって死亡。
 2本目をスタートするものの、1本目に時間がかかりすぎたことと決定力に欠けて時間切れ。早くも優勝戦線から脱落。
 なお、このデュエル中、まだ酔っていた自分は、タップするLandを勘違い呼べないスリバーを召還してしまい、自ら「給食スリバーを青、緑で召還してしまいましたぁ」と大声でジャッジにアピール。場内から爆笑を誘っていました。ううう、恥ずかしい。

・3回戦 緑赤ステロイド 本久さん
 優勝戦線から一歩退いた今度の相手は緑赤ステロイドの地元の本久さん。1本目はWorshipで封殺して勝利したものの、2本目はWinged Sliver/有翼スリヴァーを引かずに、地震の2連射でWorship信者のスリバーが全滅し死亡。3本目はSurvival of the Fittestから毎ターン、筋肉スリバーを展開し、アッという間に殴り倒して勝利しました。

・4回戦 赤スライ 内田くん
 最近、FB高知でめきめき実力を付けてきた中学生の内田くんが相手。1本目はお約束のWorshipで封殺して勝利したものの、2本目はCrystalline Sliver/水晶スリヴァーを引くことが出来ずに、丁寧にクリーチャーを除去され、Ball Lightning/ボール・ライトニングの3連射を食らって即死。Worshipも信者がいなければただの紙です。しかし、3本目は対赤必殺コンボがここでも決まり完全封殺。やれやれ。

・5回戦 赤スライ 矢野さん
 根っからの赤使い、松山の矢野さんが相手。なお、この時点で彼は全勝グループ。1負けグループの中から自分だけ全勝グループの人と当たることとになってしまったらしい。初めてTop席でついでのインタビューを受けてちょっとだけ嬉しかったらしい。
 1本目はCrystalline Sliverを展開できなかったので丁寧にスリバーを除去されて行くが、中盤から彼の引きが土地に固まるようになってガス欠。順調にスリバー軍団を展開しはじめ、そのまま撲殺。2本目は今回3回目の対赤コンボ+彼の土地事故で封殺。

・6回戦 5CG 奴田原くん
 入賞を賭けた最終戦の相手は、前回の優勝者の奴田原くん。必死にID(競技引き分け)を持ちかけてくる彼の願いを振り切り、デュエルをする事を選択する。ごめんね、奴田原くん。初めての入賞がかかっているのでね。(笑)お互いにライダーの引きが勝負の分かれ目となりそうである。
 で、1本目はサクッとスリバー全開で撲殺。2本目は先にライダーを立てた自分が絶対有利となり、その状況を維持したままスリバー軍団で殴り勝ちを収めたのでした。

 でーー、気がつけば、裏街道を突っ走ってOppMW%の結果とは言え、謎の2位入賞。順位発表で場内割れんばかりのブーイングの中、にこやかに自分で買ってきた賞品をGETする私でした。(笑)

トーナメント参戦記に戻る