★ 99/05 99年度日本選手権中国地区予選・予選突破デッキ


★ 1位 東鉄兵(広島) 赤スライ

メイン:
2 Wasteland
3 City of Brass
13 Mountain
4 Cursed Scroll
1 Earthquake
2 Acidic Soil
2 Sonic Burst
4 Incinerate
4 Shock
1 Lightning Dragon
4 Ball Lightning
4 Goblin Raider
4 Mogg Flunkies
4 Jackal Pup
4 Mogg Fanatic
4 Goblin Lackey

サイド:
2 Tranquility
1 Viashino Heretic
1 Shattering Pulse
2 Havoc
3 Impending Disaster
3 Bottle Gnomes
3 Nevinyrral's Disk

AP用ファイル

★ 2位 播野拓一(徳島) nWo

メイン:
1 Volrath's Stronghold
1 Phyrexian Tower
1 Gaea's Cradle
3 Thran Quarry
4 City of Brass
1 Mountain
3 Swamp
7 Forest
3 Living Death
3 Victimize
3 Animate Dead
4 Survival of the Fittest
2 Mirri's Guile
1 Ticking Gnomes
1 Sliver Queen
1 Karmic Guide
1 Radiant's Dragoons
1 Monk Idealist
1 Monk Realist
4 Avalanche Riders
2 Ghitu Slinger
1 Phyrexian Plaguelord
1 Bone Shredder
1 Spike Weaver
1 Yavimaya Granger
4 Wall of Blossoms
4 Birds of Paradise

サイド:
2 Bottle Gnomes
1 Gilded Drake
1 Worship
1 Cloudchaser Eagle
2 Sacred Ground
2 Disenchant
1 Viashino Heretic
1 Ghitu Slinger
1 Abyssal Horror
1 Living Death
1 Carrion Beetles
1 Defense of the Heart

AP用ファイル


★ 3位 大石真(京都) 自殺黒

メイン:
3 City of Traitors
17 Swamp
4 Hatred
4 Dark Ritual
4 Duress
4 Unholy Strength
4 Sarcomancy
2 Priest of Gix
2 Skittering Skirge
4 Black Knight
4 Dauthi Slayer
4 Dauthi Horror
4 Carnophage

サイド:
2 Pox
2 Perish
2 Terror
3 Engineered Plague
3 Planar Void
3 Cursed Scroll

AP用ファイル


★ 4位 向井正悟(奈良) ネクロ

メイン:
21 Swamp
4 Nevinyrral's Disk
4 Urza's Bauble
4 Necropotence
4 Dark Ritual
4 Diabolic Edict
2 Abyssal Specter
4 Skittering Skirge
3 Corrupt
3 Drain Life
3 Yawgmoth's Will
4 Duress

サイド:
1 Wasteland
2 Bottle Gnomes
1 Perish
1 Yawgmoth's Will
1 Ostracize
2 Stronghold Taskmaster
2 Engineered Plague
2 Terror
3 Persecute

AP用ファイル


 99年度日本選手権広島予選は、マジックは生き物であるということをまざまざと見せつけた大会であった。ここ1ヶ月の各地のトーナメントでネクロデッキとNwoデッキが活躍、そしてそれをメタした土地破壊も暴れ始めているという情報により、ここ広島では一気にメタゲームが動いたと言える。
 先に述べた3つのデッキは全て中速デッキであるために、超速攻に脆い点を持っている。その為、自殺黒がそれら中速デッキを喰うために大挙出場した大会となったのである。また、そのような自殺黒が大挙して出場するという事前情報をキャッチしたものはネクロにも強い赤スライを選択。予選が始まる前の情報戦はこのような流れであったと思われる。

 さて、各デッキの特徴を挙げていくと・・・

1位 東鉄兵(広島)  :ネクロに効くAcidic Soilの搭載がポイント
2位 播野拓一(徳島):ネクロに効くAvalanche Ridersの搭載
3位 大石真(京都)  :ネクロ用にPox-scrollへ変換可能なサイド
4位 向井正悟(奈良):Nwo用にタフネス3のAbyssal Specterの採用

 と、各人ネクロとNwoを中心とした対策を施しているのが判る。情報戦の前には如何にネクロといえども万能でないことを、この広島予選が示したと言えるだろう。マジックは生き物なのである。 

その他のデッキ集に戻る