★ 99/04 nWo(99年度日本選手権四国地区予選8位入賞:有田隆一 制作)


メイン:
1 Volrath's Stronghold
2 Thran Quarry
2 Brushland
2 Karplusan Forest
3 City of Brass
6 Forest
3 Reflecting Pool
3 Swamp
2 Disenchant
3 Living Death
3 Animate Dead
2 Victimize
4 Survival of the Fittest
1 Deranged Hermit
1 Spike Weaver
1 Spike Feeder
1 Thrull Surgeon
1 Avalanche Riders
1 Tradewind Rider
1 Shard Phoenix
1 Karmic Guide
1 Verdant Force
1 Phyrexian Plaguelord
1 Anarchist
1 Monk Idealist
1 Bone Shredder
1 Ghitu Slinger
1 Radiant's Dragoons
1 Monk Realist
4 Wall of Blossoms
4 Birds of Paradise

サイド:
1 Weatherseed Treefolk
1 Carrion Beetles
1 Viashino Heretic
2 Lobotomy
4 Dread of Night
2 Worship
1 Disenchant
3 Pyroblast

 昨年に続いて、大阪から四国予選に参加の有田隆一さんのデッキ。
 彼は対応力の高いNwoを選択し、レベルの高いプレイングで好成績をあげたが、最終戦の赤瀬戦で惜しくも敗れ2年連続四国代表の夢は破れた。
 しかし、それまで四国には無いタイプのこのNwoは我々に大きな衝撃を与えたのは間違いがない。

 それまで、四国勢の使っていたNwoは墓地からの回収カードに「グールの誓い」を使っていたのであるが、彼は同キャラ対決時に無駄カードになってしまうそのカードを嫌い、Animate Dead、Victimizeという低マナの墓地回収カードを採用している。

 また、採用クリーチャーもDeranged Hermitと我々が見向きもしなかったリスおじさんを採用している。これが最後のフィニッシャーに何度もなっていた。

 サイドボードであるが、主に白デッキに対してメタゲームをしている。また、ネクロ対策としては何度でも手札に帰ってきてしまうWeatherseed Treefolkの採用が面白い。

AP用ファイル

その他のデッキ集に戻る