★ 99/07 玉虫・アルター(赤瀬興平 制作)


メイン:
22 Island
2 City of Traitors
4 Counterspell
4 Power Sink
4 Intuition
4 Frantic Search
2 Scroll Rack
4 Energy Field
4 Abduction
2 Capsize
4 Iridescent Drake
4 Alter of Dementia

サイド:
2 Mana Short
3 Annul
2 Morphing
2 Memory Lapse
3 Thran Foundry
3 Arcane Laboratory

 7月からはUDが遂に解禁。で、新しいカードセットが発売されるとまずは考えるのが、極悪コンボデッキ。
 これはそのUD発売直後から噂されている「玉虫Alter」と呼ばれるデッキです。

 デッキの勝ちパターンは、Iridescent DrakeにAbductionを付けて、この状態でAlter of DementiaにIridescent Drakeを生け贄に捧げて、相手のLibを2枚削ります。で、Abductionの効果でIridescent Drakeが場に戻ってきて、Abductionを墓地から拾い上げまたまたIridescent Drakeに付ける・・・というサイクルを繰り返して、相手のLibを枯渇させるデッキです。
 ただ、Iridescent DrakeにKarmic Guide同様のエラッタが出るのでは?と噂されているので、どうなることやら。

 以下は、このデッキの制作者のコメントです。

 カルミックボンバーの前例から7月以降に使えるとは思いませんのでそれほど練りこんでいません。
 最初はカルミック同様青黒で組もうとしていたのですが、
どうしてもカルミックのような速度は望めなかったので、
コンボ成立までの速度が低下することを承知で単色にしました。
 サイドボードは7月以降何が流行るのかわからないので本当に適当に組んでいます。かなりのデッキのサイドにThran Foundryが入ってくることが予想されるので、それでも殴れるようにMorphingが入っています。

 っていうかエラッタ出るだろ〜な。

AP用ファイル

その他のデッキ集に戻る