★ 99/06 4CW(第26回MTG高知公式大会3位入賞:黒河淳介 制作)


メイン:
13 Plains
4 City of Brass
2 Adarkar Wastes
2 Thran Quarry
2 Brilliant Halo
3 Armageddon
2 Disenchant
3 Mana Leak
2 Earthquake
3 Shock
2 Tradewind Rider
2 Derelor
2 Paladin en-Vec
2 Soltari Champion
3 Soltari Monk
4 Soltari Priest
3 Longbow Archer
2 Warrior en-Kor
4 Mother of Runes

サイド:
2 Boil
1 Disenchant
2 Perish
2 Meltdown
1 Allay
4 Planar Void
3 Pariah

 最近人気の多色白ウィニー系のデッキ。元々白は対応力に優れている色であるが、6thになってGloomがスタンダード落ちしたためにより人気となっていると言えるであろう。

 さて、今回惜しくも決勝で敗れたものの、5回戦でNwoの富永を破るなど大活躍をした黒河くんのデッキ。攻め一辺倒ではなくて、防御に大きく振っているのが特徴と言える。
 Tradewind RiderとArmageddonのコンボ、Mana Leakは大会を通じて大活躍であったと言えよう。

 白ウィニー系はNwoに弱いという弱点を持っているが、サイドボードで思い切りNwoに振っている。特にPlanar Void4枚は対富永戦で1ターン目に張り付け、富永の動きを阻害していた。

 これを機会に黒河くんが上位陣の常連となるか、楽しみといる。

AP用ファイル

その他のデッキ集に戻る