★ 99/02 カウンタースリバー(第23回MTG高知公式大会2位入賞)


メイン
4 Birds of Paradise
4 Wall of Blossoms
4 Crystalline Sliver
4 Muscle Sliver
3 Winged Sliver
2 Victual Sliver
2 Hibernation Sliver
2 Tradewind Rider
3 Counterspell
2 Forbid
2 Worship
2 Disenchant
1 Survival of the Fittest
3 Mox Diamond
2 Winter Orb
7 Island
4 Forest
3 Adarkar Wastes
3 Brushland
2 City of Brass
1 Thran Quarry

サイド
3 Pyroblast
1 Hydroblast
2 Lobotomy
3 Chill
2 Disenchant
2 Worship
2 Planar Void

 いつも使っている緑赤ステロイドもそこそこの勝率を稼いでいるが、赤と黒の超速攻に対しての勝率が飛び抜けて高いわけでも無く、流行のギミックデッキである疲労ワープに対してはエコークリーチャー満載のために脆すぎる欠点を持っている為、どうしてもトーナメントではそこそこの成績で止まってしまうことが多かった。
 で、第2の主力デッキを探し求めて電子の海を徘徊している中、見つけてきたデッキがこれ。基本コンセプトを頂いて、主にマナソースとサイドボードを調整したものがこれである。

 基本的にはスリバー速攻デッキであるが、Worshipの助けを借りてノーガードの殴り合いに持ち込むことを目的としている。で、この状態になったならばやばい呪文、例えば全体クリーチャー除去やエンチャント破壊をカウンターで排除するだけで勝ってしまうのである。
 エンチャントを壊す手段のない、単純な赤単、黒単に強く、疲労ワープに対してもサイドのLobotomyとカウンターで対抗できるのである。

 今回紹介したバージョンは、徳島の播野さんのアドバイスも取り入れ、状況に応じた最適なクリーチャーを引っ張ってこれるSurvival of the Fittestを1枚だけであるが、採用している。

 なお、このデッキで負けたデッキは何故か2回ともネクロディスク。Worshipあるのに何故か負けちゃいます。何故でしょうね?(笑)
 

AP用ファイル

LANECR愛用デッキ集に戻る