★ 99/02 衝撃リアニメート(第23回MTG高知公式大会4位入賞:山中和生 制作)


メイン
4 Verdant Force
4 Sliver Queen
4 Rootbreaker Wurm
4 Animate Dead
4 Exhume
4 Reanimate
3 Mask of the Mimic
4 Tolarian Winds
3 Mind Peel
1 Fling
4 Mana Leak
4 Lotus Petal
2 Underground River
2 Sulfurous Springs
3 City of Brass
5 Swamp
5 Island

サイド
2 Monk Realist
2 Goblin Bombardment
1 Fling
3 Gloom
2 Shattering Pulse
2 Absolute Grace
2 Scragnoth
1 Unsummon

 第23回大会でのMVPは文句無くこのデッキであろう。デッキ名はあえて勝手に「衝撃」という名前を付けさせていただいた。
 なぜ衝撃なのかまずはデッキリストを見ていただきたい。搭載されているクリーチャーはとても自力では召還不可能なクリーチャーばかり。そう、リアニメートデッキなのである。
 ただのリアニメートでは「衝撃」などという枕詞はつけない。その「釣る」手段としてのカードがイカしているのである。

 Mask of the Mimic/擬態の仮面というカードの効果を即座に言える方はおられるだろうか?ちょっと、一瞬首をひねるはずである。このデッキの最高パターンを紹介しよう。
 とにかく、後攻を取ることから始まる。そして1ターン目におもむろに土地もおかずにいきなりディスカード宣言をする。捨てるのはもちろんVerdant Force。
 で、次ターン。黒マナを出す土地をPlayして、いきなりReanimate/再活性。Lifeをいきなり失うのであるが、これから起こる衝撃のショーを考えると全く問題がない。そしてLotus PetalをPlayしてEnd。
 相手のターンに、Lotus Petalからマナを出し、産まれたばかりのトークンをサクって、Mask of the Mimic。対象はVerdant Force。これで、LibからVerdant Forceをもう1匹呼び出すことができるのである。

 他にも、手札回転を早めるためにTolarian Windsなど、廻すための工夫もされているので、一度試してみてはいかがであろうか?衝撃必至である。

AP用ファイル

その他のデッキ集に戻る