★ 98/11 Tolarian Genius(第19回MTG高知公式大会出場:安部亮氏制作)


メイン
4 Tolarian Academy
15 Island
2 Claws of Gix
4 Mana Vault
4 Lotus Petal
3 Mox Diamond
1 Spellbook
3 Scroll Rack
3 Twiddle
3 Intuition
3 Mind Over Matter
4 Windfall
3 Mana Leak
2 Meditate
3 Stroke of Genius
4 Time Spiral

サイド
3 Propaganda
4 Interdict
3 Wasteland
2 Boomerang
3 Hurkyl's Recall

 今話題の、ウルザズサーガが産んだ超高速地雷デッキ。そのコンボ完成までの速さは、ミラージュブロックが産んだ怪物であるプロスブルームを遥かに上回るスピードを誇っている。

 コンボのキーカードは、Stroke of Genius、Mind Over MatterとTolarian Academy。Tolarian Academyはコントロールしているアーティファクトの数だけ青マナを出す事が出来るので、低マナ領域のマナ・アーティファクトを大量に展開する事により、序盤から大量のマナを出す事が出来るようになる。
 そして、Mind Over Matterを展開したら、Tolarian Academyからマナを出す、Mind Over MatterでTolarian Academyをアンタップ、を繰り返し、莫大なマナを得た後、Stroke of Geniusを撃ち、手札を増やす・・・以下繰り返しで、莫大なマナを得て、最終的にはStroke of Geniusを相手に撃って、相手のLIBを枯渇させるのが目的のデッキである。
 早ければ、1ターンキルも十分に可能で、事実このデッキを持ち込んだ安部さんは4回戦でそれを完成させていた。

 このデッキの対策としては、とにかく相手に大量のマナを与えない事が考えられる。WastlandでTolarian Academyを破壊する、メルトダウンで大量マナの元をを絶ってしまうなどが考えられる。

AP用ファイル

その他のデッキ集に戻る