★ 98/11 赤単色(第19回MTG高知公式大会3位入賞:尾崎元浩氏制作)


メイン
2 Furnace of Rath
2 Goblin Bombardment
4 Cursed Scroll
4 Scalding Tongs
4 Mogg Fanatic
4 Ball Lightning
2 Rathi Dragon
4 Jackal Pup
2 Earthquake
4 Kindle
4 Shock
4 Incinerate
2 Wasteland
18 Mountain

サイド
2 Jinxed Idol
1 Shattering Pulse
4 Price of Progress
4 Bottle Gnomes
4 Pyroblast

 最近、公式戦絶好調の尾崎(弟)のデッキ。尾崎(兄)は好んで青などのパーミッション系のデッキを使うのに対して、彼は逆に速攻型の赤単色を好んで使う。

 今回彼が選んだタイプのデッキは、若干スライ系でRathブロックの強力カード満載のデッキ。特に強力アーティファクトであるCursed ScrollとScalding Tongsを各4枚づつ搭載、そして火炎破がスタンダード落ちの為にRathDragonの採用が可能となり、それが今回は効いていたようである。

 先の外京くんの黒単と並んで、この単色デッキもこれからのトーナメントではメタゲームの対象として考えておく必要があるであろう。 

AP用ファイル

その他のデッキ集に戻る