★ 99/01 緑赤ステロイド(エコー満載、99/01最新Ver)


メイン
5 Mountain
9 Forest
4 Karplusan Forest
3 Wasteland
2 Cursed Scroll
2 Scrap
2 Earthquake
4 Shock
4 Incinerate
2 Symbiosis
2 Abundance
1 Lhurgoyf
1 Child of Gaea
1 Citanul Centaurs
2 Cradle Guard
4 Albino Troll
4 Muscle Sliver
4 Pouncing Jaguar
4 Llanowar Elves

サイド
3 Steam Blast
2 Tranquility
3 Sudden Impact
1 Shattering Pulse
4 Pyroblast
2 Nevinyrral's Disk

 新しいカードセットが発売されると、自分はまず緑赤ステロイドタイプのデッキの作成に乗り出します。これから新たなデッキを作るにも、この標準的と言えるデッキに勝てなくては話にならないので、他のデッキの評価用として作るわけです。・・・という建前で一番好きな色だからということもあるのですが。(笑)

 ここ最近は、ステロイドは不遇の時代でしたが、今回のウルザで登場したエコーという能力つきのクリーチャーのお陰で、展開スピードは劇的に上がったと言えます。下手をすれば2ターンで4/4トランプルが場に踊っている姿を想像すると驚異。
 また、豊穣「Abundance」は緑赤と相性の良いカードと言え、中盤以降で土地を引きすぎて攻撃の手が止まるということも少なくなりますし、手札が丸見えになるという欠点は、どうせ引いたカードはすぐキャスト!というのが緑赤のプレイングであるからそれほどのデメリットとは言えません。

 弱点としてはエコークリーチャーを満載している関係上、Land破壊などのマナ拘束に脆い点が挙げられます。
 しかし、マナ拘束に強い自殺黒ウィニーがTurbo Genius無き後の環境で依然流行している中では、そのようなマナ拘束型のデッキが多くないことを考えると、案外イケているのかもしれません。

 このデッキは98/11に組んで以来、調整を続けておりこの掲載されているVerは99/1/3に行われたFB高知トーナメントで5位入賞Verです。メタゲームとしては自殺黒とネクロディスクを想定してサイドを組んでいます。

AP用ファイル

LANECR愛用デッキ集に戻る