★ 98/08 Yoshimura'n Green(98/08/30 FB松山大会出場:田中克明氏制作)


メイン
3 Undiscovered Paradise
1 Karplusan Forest
9 Forest
8 Island
4 Horn Of Greed
1 Spellbook
2 Scroll Rack
1 Armageddon
1 Firestorm
1 Earthquake
1 Lobotomy
1 Power Sink
1 Mystical Tutor
3 Time Warp
1 Propaganda
2 Flooded Shoreline
1 Creeping Mold
3 Gaea's Blessing
3 Summer Bloom
2 Maro
1 Earthcraft
4 Wall of Blossoms
3 Birds of Paradise
3 Quirion Ranger

サイド
1 Armageddon
1 Seeds of Innocence
1 City of Solitude
1 Tranquility
2 Reap
1 Earthquake
1 Touchstone
4 Bottle Gnomes
3 Propaganda

  松山は多くの地雷デッキの存在する場所。そんな地雷の中でもひときわ妖しく、そして危険と言えるデッキがこれ。このデッキには、私を含めて高知県勢の多くのデュエリストが苦労してきいる。

 さて、このデッキには数多くのギミックが隠されている。手っ取り早く、極楽鳥、レンジャー、Maroと繋ぎ、ゲドンを撃っても良いのであるが、このデッキのキーカードは何と言っても「Horn Of Greed」である事は疑いが無い。
 Horn Of Greedを張ってからのSummer Bloomが地獄への直行便コンボ。これで1ターンに4枚土地を置いて、おまけのドローカードで息切れがしない。これで、莫大なマナアドバンテージを稼いでから本格起動。
 アタッカーはMaroのみなのであるが、Flooded Shorelineの起動で相手のブロッカーを排除してから、ついでに超大型に育ったMaroで殴り掛かり、続けてTime Warpで相手にターンを渡さずにまたまた殴り掛かってくるのである。

 基本的にHorn Of GreedとSummer Bloomを核に、Time Warp、Gaea's Blessingが廻りはじめると、対戦者はする事が無くなって、その作業を15分にわたって眺めるはめになる。(僕も眺めた一人です)

 もし、暇があれば是非とも組んみて廻してみて欲しい。周りから注目される事請け合いである。

AP用ファイル

その他のデッキ集に戻る