★ 98/07 カウンタードルイド(須藤さん制作)


メイン
1 Volrath's Stronghold
1 Maze of Shadows
1 Undiscovered Paradise
3 Gemstone Mine
3 City of Brass
1 Skyshroud Forest
3 Vec Townships
2 Thalakos Lowlands
4 Adarkar Wastes
4 Reflecting Pool
3 Gaea's Blessing
3 Oath of Druids
3 Impulse
2 Scroll Rack
2 Disenchant
1 Spirit Mirror
4 Wrath of God
1 Fireball
2 Forbid
4 Dissipate
4 Counterspell
1 Spirit of the Night
3 Spike Feeder
4 Bottle Gnomes

サイド
作ってませーん(笑)

 NWOとならんで、日本選手権で好成績をあげたことによって注目されるようになった「Oath of druids」をキーカードにしたデッキ。日本選手権で2位に入賞した石田格氏のデッキはプリズン型であったようであるが、これはカウンター型に須藤氏が改変したタイプ。
(ちなみに自分は先日APでのデュエルでこれに負けました)

 デッキの廻し方は、まずは「Oath of druids」を張る。全てはここから始まります。後はこれが壊されないようにカウンターで守りながら、反撃に転じます。
 この頃には相手がコントロールするクリーチャー数が多いでしょうから、「Oath of druids」の起動は楽なはず。で、場に出てくるのは「Spike Feeder」「Bottle Gnomes」などのLifeに還元出来るクリーチャーとなるはずです。
 これらのクリーチャーの良い点は自分の都合の良いときにサクル事が出来るので、自分のコントロールするクリーチャー数をコントロール出来る点。ですので、相手に「Oath of druids」を起動させてあげるような事はありません。
 で、決め手は、「Oath of druids」で突如出現する「Spirit of the Night」で殴ったり、「Fireball」でトドメを刺したりするのです。

 弱点としては、特殊ランドを満載しているのでそこを突くとか、絶望の荒野を張るとか、ノンクリーチャーデッキで頑張るなどが考えられますが、どうなんでしょ?

AP用ファイル

その他のデッキ集に戻る