★ 緑ストンピーデッキ(第37回MTG高知公式大会上位入賞デッキ)


7位:池内和浩

// Creature
4 Wild Dogs
4 Pouncing Jaguar
4 Skyshroud Ridgeback
3 Elvish Lyrist
2 Stampede Driver
4 Albino Troll
4 River Boa
2 Uktabi Orangutan
// Spell
4 Rancor
4 Giant Growth
4 Seal of Strength
2 Hurricane
// Land
12 Forest
3 Treetop Village
4 Gaea's Cradle
// Side
SB: 4 Taunting Elf
SB: 3 Compost
SB: 2 Dawnstrider
SB: 1 Uktabi Orangutan
SB: 2 Tranquility
SB: 1 Might of Oaks
SB: 2 Cursed Totem

AP32用ファイル

8位:梶原潤

// Creature
4 Llanowar Elves
3 Wild Dogs
4 Pouncing Jaguar
3 Elvish Lyrist
4 Albino Troll
4 River Boa
2 Uktabi Orangutan
3 Vine Dryad
// Spell
2 Crop Rotation
4 Land Grant
4 Rancor
4 Giant Growth
3 Invigorate
2 Might of Oaks
1 Hurricane
// Land
9 Forest
2 Treetop Village
2 Gaea's Cradle
// Side
SB: 3 Compost
SB: 2 Uktabi Orangutan
SB: 2 Titania's Chosen
SB: 2 Harmonic Convergence
SB: 1 Vine Dryad
SB: 2 Splinter
SB: 1 Thran Foundry
SB: 2 Thran Lens

AP32用ファイル

 7位と8位に滑り込んだのは、5-2ながら中盤まで頑張った高知県勢の緑使いの2人。興味深いのは、両者とも緑ストンピーと言いながら、採用しているクリーチャーに若干違いが見える。
 池内が採用しているものは1マナ領域のカードの比率が多く、緑の定番ともいえるLlanowar Elvesがいない。逆に梶原のデッキは池内よりも若干マナ領域がおもいこともあってか、Llanowar Elvesを採用している。

その他のデッキ集に戻る