★ コントロールデッキ(第37回MTG高知公式大会上位入賞デッキ)


4位:中村泰浩

// Creature
4 Avalanche Riders
2 Warmonger
3 Masticore
// Spell
4 Shock
4 Stone Rain
4 Pillage
3 Hammer of Bogardan
4 Tectonic Break
4 Powder Keg
// Land
18 Mountain
4 Ghitu Encampment
4 Rishadan Port
2 Dust Bowl
// Side
SB: 4 Scald
SB: 3 Keldon Vandals
SB: 3 Flashfires
SB: 3 Cave-In
SB: 2 Phyrexian Processor

AP32用ファイル

5位:脇坂祐介

// Creature
2 Morphling
2 Palinchron
3 Masticore
// Spell
4 Counterspell
1 Rescind
3 Rewind
2 Thwart
3 Misdirection
3 Treachery
3 Stroke of Genius
4 Powder Keg
4 Grim Monolith
3 Thran Dynamo
// Land
18 Island
4 Rishadan Port
2 Dust Bowl
// Side
SB: 3 Annul
SB: 4 Snap
SB: 3 Chill
SB: 3 Fog Bank
SB: 2 Quash

AP32用ファイル

 愛媛の若手元気デュエリストの両名は、それぞれ色が違うが場をコントロールしながら戦うデッキで、上位入賞を果たした。面白いことに、両者のデッキともネメシスが解禁となりながら、ネメシスのカードが1枚も入っていない。

 赤単土地破壊は単純な戦略であるが、最近の流行のデッキと言える、Parallax-Replenishに対して有効なデッキと言えるし、青茶単は根本的にコンボデッキには耐性がある方といえる。

その他のデッキ集に戻る